[BCリーグ]
信濃・田中幸雄コーチ「右肩上がりの投手陣」

 後期もほぼ半分を消化し、信濃グランセローズは現在、16試合を終えて10勝6敗で上信越地区の2位につけています。後期に入って、チーム状態は前期に比べて非常に良くなってきています。7月から8月にかけては7連勝しました。その最大の要因は、打線が先制をして、それを守り切るという勝ちパターンが確立できていたこと。8回はサミー(アストロズ-メキシコ・アグアカリエンテス)、9回は篠田朗樹(春日部共栄高-武蔵大)と安定したピッチャーが後ろには控えている現在の信濃の強みでもあります。

杉山、好投のワケ

 しかし、その2人につなげるためには先発投手が5、6回まで最少失点に抑えることが必要です。その先発の柱としてチーム最多(リーグ4位)の9勝(2敗)を挙げているのが杉山慎(市立船橋高-日本大国際関係学部-金足利クラブ)です。投手陣の中で最年長ということもあり、彼の存在感はチーム内でも決して小さくありません。性格も真面目で練習にも真摯に取り組む選手です。そのために、彼が好投するとチーム全体に「よし、頑張ろう!」という空気が流れるのです。

 その杉山に早くから課題として取り組ませてきたのが、フォームの修正でした。具体的に言うと、肩のうねりを使って投げるということです。ピッチングは球が指先から離れる際のリリースポイントで最大の力を出すことができるかが重要となります。その時に、肩のうねりを使うかどうかで球威に差が出てくるのです。

 このうねりとはどういうことかというと、ピッチングは胸の部分の開閉の動きで成り立っています。足を上げると同時に一度閉め、踏み込む際に開きます。そして、踏み込み足が着地して、腕を振る時にまた閉めます。その最後の閉めの時に肩をうねらせる。つまり反動をつけて力を爆発させるのです。イメージでわかりやすいのは、広島カープの前田健太がピッチングの前に必ず行なう“マエケン体操”。あのリズムのままボールを投げるイメージです。実際、杉山はこれまで出ても140キロだったスピードが、今では144キロにまで上がりました。

 また、左バッターに対してヒザ元へのスライダーで三振が取れるようになってきたことも、杉山のピッチングの幅を広げています。以前は、そこに投げ切ることができませんでした。技術がなかったわけではありません。問題は気持ちでした。「バッターに当ててはいけない」という心理がどうしても働いてしまい、厳しいところに投げることができなかったのです。しかし、お互いに勝つか負けるかの真剣勝負をしているわけですから、「当たったら仕方ない」という一種の開き直りも必要です。杉山にもその開き直りができるようになったのです。

 昨季までの杉山はどれだけ好投していても、5、6回になると急に乱調になることも少なくない、というふうに聞いていました。彼は何でも一生懸命にやるために、それが力みにつながってしまっていたのです。そこで「オマエは普通に投げれば抑えられる。力を入れるのは、ランナーがスコアリングポジションに進んでからでいい」という話をしたところ、余裕をもったピッチングができるようになりました。そうしたメンタルでの変化も杉山の好投の要因になっているのです。