『ヴァスコ・ダ・ガマの「聖戦」』 - 海を渡った十字軍

レビュアー:内藤 順

 同じような時期に、同じようなレベルの偉業を達成したケースであっても、時の流れはいずれかの人物に軍配を上げる。「微積分」の神は、ライプニッツではなくニュートンを祝福し、「電話」の女神はイライシャ・グレイではなくグラハム・ベルに微笑みかけた。

 近代の幕開けとなった大航海時代にも、幾人かの英雄たちが存在する。その中で誰しも真っ先に頭に思い浮かべるのは、コロンブスの名前であることだろう。1492年にアメリカ大陸を発見したコロンブスによる功績の大きさは、教科書の記述を見るだけで明らかだ。

 だが、それから遅れること数年、1498年にポルトガルの航海者としてインドに到達したヴァスコ・ダ・ガマこそが、その後の世界を一変させた人物であり、後世に与えた影響の大きさは計り知れないのだと著者は主張する。

 本書は、そのヴァスコ・ダ・ガマの航海を、4世紀にわたってキリストの名のもとに剣を振り回した十字軍の直接の後継と位置づけながら紹介していく。彼らは、突然変異のように探検熱に襲われたわけでは決してない。キリストの名のもとに改宗させ、征服するという目的を持ち、歴史的な必然として航海に出たというのだ。

 ヨーロッパの辺境に位置するポルトガルという国が東方を志した情熱は、恐ろしく根拠の薄いものに根ざしていた。それがプレスター・ジョンの伝説と呼ばれるものである。海の遥か彼方のどこか、おそらくインド付近に、すばらしい富と権力のキリスト教の帝国がある。その統治者の名前はプレスター・ジョン。プレスターは無限の貴金属と宝石を意のままに使え、彼こそが世界でもっとも力を持つ人間である。そんな古い言い伝えが、まことしやかに信じられていたのだ。

 彼の無敵の軍と手を結べば、ヨーロッパは確実にイスラームを地上から消しされるはずだ。後世という高みから眺めれば、ヨーロッパのコンプレックスの象徴とも言えるようなこの迷信だけを手がかりに、彼らは海へ飛び出すことを決意した。

 この一大プロジェクトのリーダーに要求されるのは、船員に命令を下せる船長としての役割、王と話ができる使節としての役割、キリストの旗を掲げるにふさわしい十字軍の戦士としての役割という、一人三役を兼ね備えたハードルの高いものであった。そこに白羽の矢が立ったのが、サンティアゴ騎士団の騎士を務めていたヴァスコ・ダ・ガマである。

 だが一度目の航海は、十字軍と呼ぶには程遠い代物であった。アフリカ沿岸の港から港へ、まるでムスリムの間をすり抜けて行くように航海することを強いられる。彼らが受けた対応は、良くて不親切、悪ければ襲撃に身を晒されるというもの。そしてやっとの思いでインドに辿り着くも、彼らの目に映ったのは、あまりにも厳しい現実であった。