『宇宙はなぜこのような宇宙なのか』

レビュアー:成毛 眞

 著者はHONZに「青木薫のサイエンス通信」を寄稿いただいている翻訳家の青木薫さんだ。英文雑誌「THE NEW YORKER」からサイエンスの話題を拾うこのエッセイだけを読みにくるという熱烈なファンもいるようだ。今月は「アルツハイマー先制治療――あなたならどうする」だ。一般向けの科学書作家として、現代最高峰のサイモン・シンの日本語訳はすべて青木さんの手のよるものである。翻訳者といっても英文学科の卒業ではない。専門は理論物理学。京都大学から「原子核間ポテンシャルのパリティ依存性及び角運動量依存性に関する微視的研究」で理学博士号を授与されている。神々しさにおもわず手を合わせて拝みたくなる。

 そんな青木さんに書き下ろしエッセイの連載を依頼しようと、今年の1月出張帰りの彼女を東京駅で待ちぶせした。2時間ほども話し込み、エッセイ執筆の検討だけはしてみましょうという約束をいただいた。人を説得するにあたって、相手の疲弊を待つことは、成功の要諦である。もちろん本業の翻訳予定についても伺った。すでに脱稿間近の原稿があるという。『量子革命』という20世紀初頭の物理学者列伝のような本らしい。のちにこの本は2013年2冊目のNo.1としてHONZで紹介した。

 青木さんはさらに自著も執筆中だと付け加えた。内容は宇宙論だという。ボクは反射的に、

「いやあ、人間原理だけは勘弁してくださいよ。わーけわかんないし、第一気持ち悪いですよねえ。あはははは」

 と、言ってしまったのだ。

 青木さんはニッコリと、しかし何本かの細かい顔面筋を引きつらせながらポツリと、

「その人間原理について書くんです」

 腰が抜けそうになった。

 本書がその人間原理についての本である。たしかに「わけわかんない」から本を読むのである。「気持ち悪い」から覗いてみたいのである。というわけで、大人の事情と本読みの矜持、おっとり刀で読み始めた。ちなみに「おっとり刀」とは、日本舞踊の舞扇のようにおっとりと刀を振り回すということではない。刀を腰に刺す暇もなく、手におっ取ったままで駆けつけるということだ。無意識に文字数を稼いでしまった。