キター!深海ブーム『微生物ハンター、深海を行く』

 深海がブーム。みたいな気がする。NHKスペシャル『ダイオウイカ』の興奮は記憶に新しいし、その本が出ただけでなく、劇場用の映画にもなるらしい。特別展『深海』が国立科学博物館で開かれているし、本屋さんでも『深海本』とでもいうべき写真集がけっこうたくさん売られている。この原稿を書いているさなかにも、朝日新聞の科学欄に"生命の謎に深く迫る-超深海・熱水域で有人調査-"という記事が出たし、日経ビジネスオンラインでも、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の有人潜水調査船「しんかい6500」と母船「よこすか」の記事が大人気らしい。

 その、しんかい6500に乗って生命誕生の謎に激しく熱く迫る研究者、高井研の冒険譚である。

 このYouTubeで、やたら元気に騒いでいるのが高井研その人であるらしい。しんかい6500で七つの海深くに潜り、『海底二万マイル』のノーチラス号もかくやと、巨大イカに襲われたりしながら、いのちからがら深海の微生物を次々とハンティングしていく、といど派手な物語だ。

 というわけではない。たぶん超優秀と思われる深海海洋生物学者・高井研の研究者人生が主な内容である。おぉ研究者にはこんな人もいるのだと感心しながら、波乗りのような経歴を読むのが楽しすぎる。しかし、あなどるなかれ。この本の中身は、研究を楽しみながら歩むための秘訣がたくさん含まれていて、マリアナ海溝のように深い。というのはちょっと言い過ぎだけれど、本当に、研究者を目指す若者にはぜひ読んでもらいたい内容だ。

 自然科学系の研究者にとっていちばん面白いのは、もちろん、誰も知らないことを真っ先に探り当てていくことだ。そして、もうひとつ、あまり語られない面白さがある。それは、どの領域に進んで、どのようなキャリアをとっていくかを、自分自身で決めることができる、ということだ。能力や業績、そして、受け入れてくれる組織があるかどうか、ということに左右されることはされる。しかし、自分の興味と責任において、そういったことを決めていけるという自由度、というのは、今の世の中では例外的に大きい職業なのである。