[裏方NAVI]
中村一知(巨人・グラウンドキーパー)<前編>「プロの原点を支える」

 現在、セ・リーグの首位を独走し、連覇を狙う巨人には、阿部慎之助、坂本勇人、長野久義、内海哲也、澤村拓一、山口鉄也……と、日本を代表するメンバーがズラリと顔をそろえる。そんな彼らもまた、プロ入り後のスタート地点は「ジャイアンツ球場」だった。1月の新人合同自主トレーニングでは、ドラフト1位から育成選手まで、全員がジャイアンツ球場で同じメニューをこなす。つまり、巨人生え抜き選手にとって、そこは原点でもある。そのジャイアンツ球場の整備・管理をしているのがグラウンドキーパーだ。今回は、一軍を目指して汗を流す選手たちを陰で支えるグラウンドキーパーに迫る。

 朝一番、ジャイアンツ球場に姿を見せるのが、グラウンドキーパーだ。練習や試合の2時間以上前に開門・開場をする。練習日には早出で自主練習をする選手のために、早速整備にとりかかる。一方、試合日には天候を見て、決行か中止か、早めの判断を下さなければならない。

 天候にもよるが、基本的には整備は散水から始まり、マウンドやブルペンをトンボで均し、ラインを引き、防球ネットを上げる。さらに風でベンチの椅子に砂がかかっていれば、モップで拭くこともある。そんな小さな気遣いは、すべて「選手が気持ちよく練習に専念することができるため」だ。練習の合間にも、マウンドや内野をトンボで均し、常にベストな状態を心掛ける。守備練習が終わり、次にバッティング練習となれば、マシンや防護ネットなどのセッティングにとりかかる。

 そんなグラウンドキーパーならではの視点が、練習や試合の最中にある。2001年からジャイアンツ球場のグラウンドキーパーを務める中村一知はこう語る。
「シートノックの時などには、打球の跳ね方を見たりしますね。打球が変な方向に跳ねていないか。あまり、あちこちに跳ねてしまうようであれば、グラウンドが固いということ。そういう時は、合間の整備でその部分を入念にやるようにしています」

 とはいえ、軟らかければいいというものでもない。
「あまり軟すぎてもダメなんですよ。特に、横の動きを伴う打球の場合、捕って送球する際に、グッと足で踏ん張りますよね。その時に軟い状態では、踏ん張りがきかなくなってしまう。踏ん張れるくらいの固さは必要なんです」

 では、どんな状態のグラウンドが最も良いとされるのか。
「固い土の上に、薄く砂が乗っている状態ですね。固い土だけだと、バーン、バーンと打球が真上に跳ねてしまう。でも、その上に少し砂があると、打球が素直に跳ねるんです」
 そこには、グラウンド状態はまったく介入しない、ピッチャーとバッター、そして野手と打球との純粋な勝負の場を提供したい、というグラウンドキーパーの思いが込められている。