『クレイジー・ライク・アメリカ』 - 心の病とグローバリゼーション

レビュアー:内藤 順

 アメリカにルーツを持つ超国籍企業が世界中を席巻しているということは、改めて強調するような話でもないだろう。Apple、マクドナルド、Google、ハリウッド映画… 時代はまさに勝者総取りといった様相を呈している。しかしグローバル化の波が、製品やサービスのみならず、「心の在りよう」という不可視なフィールドにおいても猛威を振るっているとは思いもよらなかった。

 アメリカで認識されて社会に広められた精神疾患は、今や世界中へと伝染病のように広がっている。たとえば過去20年間で、特定の地域にしか見られなかった摂食障害がエリアを急速に広げ、PTSDは戦争や自然災害に遭遇した人の苦痛に関する共通語となり、さらにアメリカ型のうつは世界中で増加の一途を辿ってきた。

 時間や空間の制約から解き放たれて、グローバル化が加速する。その余波は、心の病という領域にも及んでいたのだ。そして一番の問題は、ただ広まったということだけではなく、その土地固有の風土に基づく精神疾患に、取って代わってしまったということにある。

 ジャーナリストでもある著者は、4つの異なる国で起きた事例を横断することで、文脈を形成していく。特徴的なのは、グローバル化以前の実態を丹念に取材することで、その変化を浮き彫りにしているという点だ。

 最初に紹介されているのは、アメリカ由来の拒食症が地元特有の拒食症を駆逐してしまったという香港のケース。一般的に、欧米の患者によく見られる拒食症の症状というのは、肥満への恐怖を抱き、痩せているのに太りすぎているという間違った思い込みが見られる傾向にある。

 しかし香港における患者の症状は、胃の膨満感こそ訴えるものの、自身の痩せた状態を正しく認識しており、食事の分量を気にすることも見られなかったのである。これはまさしく、精神疾患における「昨日までの世界」であった。

 ここに変化が訪れたのは、拒食症になった若い女性の死をめぐって、センセーショナルに報道されたことがきっかけであった。そもそも心因性の疾患とは、曖昧で言葉に置き換えづらい厄介な感情や心の中の葛藤を取り出し、苦痛のサインと認識されている症状へ変えようという、言わば表現手段の一種と見なされている。心の中の苦しみを認めてもらおう、正当化しようという潜在意識が、目的を達成できる症状へと引き寄せていくのだ。

 一人の若い女性の死によって欧米流の「拒食症」という概念が広く知られるようになったことは、この表現手段のバリエーションを増やすということに他ならなかった。少数の興味深い症例をもとに、医者が公表して議論を重ね、病的な行動を体系化する。新聞や学術誌などが欧米の専門家による医学的な分析を記事にする。そこへ一般女性が無意識にその行動を表して、助けを求めはじめる。そこには、まさに情報が病気を作り出すという構図が存在したのである。