[サッカー]
田崎健太「里内猛が描く日本の未来図Vol.10」

~ジーコ、オシム、関塚を支えたフィジコ~
ドイツW杯での惨敗が里内を再び世界の舞台へと掻き立てた

 2010年、里内が大宮アルディージャからの契約延長を断って、ロンドン五輪代表のフィジカルコーチを引き受けた最大の理由は、06年ドイツW杯にあった。

積み重ねた経験を否定された7分間

 02年にジーコが代表監督に就任してからの日本代表は、中国で行われたアジアカップ(04年)で優勝。05年には世界で最初にW杯出場を決め、コンフェデレーションズカップにも出場した。コンフェデ杯ではメキシコとブラジルに敗れたものの、ギリシアに勝ち、本大会へ期待を持たせた。中田英寿、小野伸二、稲本潤一、そして中村俊輔――中盤に関しては史上最高といってもいい、才能ある選手を揃えていた。

 ところが、迎えた本大会緒戦のオーストラリア戦は、1点リードした状態から、後半終盤の7分間で3点を奪われて逆転された。続くクロアチア戦は引き分け、ブラジル戦は敗戦。0勝1分2敗の成績でグループリーグ敗退を喫した。期待が大きかった分、惨敗だった。

 ジーコはオーストラリア戦を振り返って「あの7分間で、自分がこれまで日本で積み重ねたものが全て否定されたような気がする」とぼくに語ったことがある。それはフィジカルコーチとして帯同していた、里内も同じだった。

 五輪代表スタッフ就任は、4年前の自分へのリベンジの意味合いを持つとともに、日本人として世界を勝ち抜くという挑戦でもあった。