[アイランドリーグ]
愛媛・星野おさむ監督「打撃好調・藤長の課題」

元西武・岩崎の加入効果

 8月は愛媛にとって勝負どころです。31日間に19試合が組まれ、ここでの勝敗が後期の行方を大きく左右するでしょう。7月は6勝3敗2分の2位と勝ち越したとはいえ、2敗は1点差負け。引き分けのゲームも含めて、あと1本が出ていれば、もっと勝ち星は増やせたとみています。

 試合数が増えれば、その分、負担がかかるのは投手陣です。中でもリリーフ陣は連投が予想されます。彼らを少しでもラクにするには、何より先発ピッチャーが役割を果たすことが欠かせません。彼らにはしっかりゲームをつくってもらうべく調整期間が与えられています。にもかかわらず、早々にマウンドを降りていてはブルペンにしわ寄せがくる一方です。

 もちろん、NPBでも序盤にKOされるピッチャーがいるように、ローテーションを守って結果を出すのは簡単ではありません。ただ、その作業ができなければ、上のレベルに行けないことも事実です。8月に入ってから池ノ内亮介、古舘数豊がいずれも5回を投げ切れませんでした。2人とも経験のあるピッチャーなのですから、責任感を持って次の先発に備えてほしいと思っています。

 ブルペン陣では元西武の岩崎哲也が7月に入団しました。彼は後ろに体をひねって投げる変則フォームで有名ですが、投げっぷりの良さが光ります。決してコントロールは良くなくとも、思い切ってボールを投げるため、バッターがなかなか捉えきれないのです。愛媛にはカウントが不利になるとボールを置きに行くピッチャーが多いだけに、この点は見習ってほしいと感じています。

昨季、右ヒジの手術を受け、復活を期す元日本ハム・金森。

 岩崎が入ったことにより、チーム内には河原純一、小林憲幸、西川雅人、金森敬之と元NPBピッチャーが5人に増えました。若いピッチャーは、これをプラスにとらえてほしいものです。確かに実績が上の選手がチームに加われば自分の出番は減る可能性があります。しかし、その分、彼らの姿やピッチングを間近で見て吸収できる点は多いはずです。

 それに独立リーグといえどもプロですから、元NPBも1年目の選手も最終的には結果を出した選手が生き残ります。元NPB選手を上回るつもりでなければ、自身のドラフト指名もないでしょう。若手ピッチャーには、彼らをいいステップ台にするつもりで取り組んでほしいものです。