池井戸ドラマ『半沢直樹』と『七つの会議』がドラマ界に与えた影響は高視聴率のインパクトだけではない!!
NHK『七つの会議』公式HPより

TBS日曜劇場『半沢直樹』が熱烈な支持を集めている。原作は池井戸潤氏の小説。やはり池井戸作品を原作としたNHK『七つの会議』(8月2日終了)も、高視聴率こそ得られなかったが、秀逸な作品であり、ビジネスマンたちの間では好評を博した。

これまで、「松本清張ドラマ」「城山三郎ドラマ」「山崎豊子ドラマ」などが、多くの視聴者に愛されてきたのと同じく、池井戸ドラマも本格的なブームを迎えたように見える。それは、おそらく時代の要請なのだろう。

公益より社益が優先される"日本型企業の怖ろしさ"

前述した三作家のドラマでは、昭和の組織や人間たちが描かれたが、池井戸ドラマの舞台は平成。これだけでも大きく違う。昭和という時代は、終焉するまで敗戦を引きずらざるを得なかったが、平成には、もう一つの敗戦が加わった。バブルの崩壊だ。池井戸ドラマからは、第二の敗戦の責任を背負わされたビジネスマンたちの怨嗟を感じる。生々しい。だからこそ、魅力的だ。

それだけではない。時代が平成になると、規制緩和やIT化の波により、ビジネス社会は瞬く間にグローバル化を余儀なくされ、日本型企業も表向きはそうなったが、多くの企業の中身は旧態依然としたまま。この問題も池井戸ドラマは鋭角的に突いている。コンプライアンスが徹底されず、法律や社会通念よりも社内ルールが幅を利かせ続けているから、粉飾決算や背任・横領、不祥事隠し、パワハラやセクハラなどの問題が後を絶たない。