サッカー
ブラジルW杯を見据え、新しい選手の積極起用を! 東アジアカップ優勝で本格化する代表争い
柿谷曜一朗選手(セレッソ大阪) 〔PHOTO〕gettyimage

東アジアカップで決定力を印象づけた柿谷曜一朗

 過日行なわれた東アジアカップで、日本代表は初優勝を飾りました。Jリーグでプレーする国内組だけで臨んだチームが結果を残したことで、代表に新たな競争原理が持ち込まれていくことでしょう。

 それでは、海外組を交えたチームに食い込んでいくのは誰なのか。東アジアカップでは、柿谷曜一朗(セレッソ大阪)が、代表入りの可能性を感じさせました。

 クラブチームと代表、日本とその他の国を問わず、決定力はどんなチームにもつきまとう課題です。中国戦で1点、韓国戦で2点を挙げた柿谷は、「決めるべき時に決める」という印象を強く植えつけました。

 スペースと時間のないゴール前では、ワンタッチ目でシュートへ持ち込めるかどうかが重要になります。止めて、狙って、蹴って、などという段階を踏んでいる余裕は、国際試合では与えてもらえません。

 東アジアカップで柿谷が決めた3点のうちの2点は、ワンタッチゴールでした。時間をかけずにシュートを打つ。打つだけではなく、しっかりと決める。そうした意識が高まっているのだと感じます。

 柿谷は、ディフェンダーとの駆け引きも秀逸です。

 4-2-3-1システムの1トップでプレーしながら、自分をマークする選手や相手の守備陣形を観察し、得点につながるプレーを選択しています。その動き方としては、以下のふたつに大別されるでしょう。

①最終ラインとボランチ、あるいは選手同士の「間」でボールを受ける。
②自分をマークするディフェンダーの視界から消えて、前へ飛び出していく。

 ふたつの動きに共通するのは、「前向きにスペースを使っている」ということです。そこには、相手を背にしてボールを受け、味方選手につなぐポストプレーが得意な前田遼一(ジュビロ磐田)との、大きな違いがあります。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら