[ボクシング]
杉浦大介「“敗者なき戦い”の後で」

~オマー・フィゲロアvs.荒川仁人~

2000発以上、史上最多の手数

打ちつ打たれつの激闘を演じた2人はアメリカのファンに名を売った。

「ニヒト・アラカワは地球上で最も勇敢な男かもしれない!」

 オマー・フィゲロア対荒川仁人戦を中継した「Showtime」の実況担当は、激闘の興奮から試合中に思わずそうまくし立てた。アナウンサーがときにオーバーに語り過ぎるのは、どの国でも同じ。しかし、7月27日に行なわれたWBC世界ライト級暫定王座決定戦を目の当たりにしたファンは、誇大表現にもそれほど違和感は抱かなかったかもしれない。

 テキサス州サンアントニオで開催された暫定タイトルマッチは、近年稀にみる激闘となった。結果だけを見れば、第2、第6ラウンドに2度のダウンを奪ったフィゲロアの圧勝(判定は119-107が1者、118-108が2者)。しかし、この試合は単なる平凡なワンサイドファイトからはほど遠かった。

 2人が繰り出した合計2000発以上の手数はライト級タイトルマッチ史上最多。年間最高ラウンド候補となった第3ラウンドをはじめ、真っ向勝負のミックスアップでAT&Tセンターに集まった8,811人のファンを沸かせ続けたのである。

「凄い試合だったね。(あなたのことを)尊敬する以外にないよ」

 試合終了直後、力を出し尽くした敗者に歩み寄ったフィゲロアはそう語りかけたという。その言葉は、実況アナウンサーに限らず、会場、テレビで目撃したすべての人間の想いを代弁していると言えたのだろう。

「まずフィゲロアが強かった。そして結果を出せずに申し訳なかったです。自分にできたのは、頑張ることと諦めなかったことだけでした」

 荒川本人がそんな殊勝なコメントを残した一方で、米メディアのこの一戦に対する反応はかなり凄いものがあった。