雑誌
スモールオーバーラップ 新衝突実験でトヨタ車ほかアノ人気車が最低評価 アメリカで始まった現実に即した試験とその結果に迫る
ベストカー

 ホンダは一段と入念なオーバーラップ対策を行ない、シビックなどマイナーチェンジで『G』評価を得ている。聞いてみるとオフセット衝突と同じノウハウを使えば充分に対応は可能らしい。続々公表されるスモールオーバーラップの評価を見ると、緊急対応でも『A』評価なら取れるというイメージ。こうなるとユーザーのためにお金をかけるかどうか、という企業判断になる。

SAFETY
ホンダがよくてトヨタ、ベンツが最低評価なのはなぜか?

 スモールオーバーラップの動画を見ると、意外なことが起きている。アコードやシビックは真正面からガチンコでバリアに突き刺さり、車体がバリアの位置で停止しています。それで良好な結果を出した。25%というオーバーラップの量で完全に車重を受け止めている、ということ。こらもう立派だと思う。アメリカのメディアやIIHSも手放しで誉めているほど。なんせバリアから動いていないということは、二次衝突しないということを示していますから。

 同じホンダで『G』評価を得たアキュラTLは、スモールオーバーラップ対応をしていないのに高い評価を得た。動画を見たらバリアに弾かれ、高い速度を保ったまま前方に走っていく。バリアに当たっても速度がゼロになっていないのだ。スズキのキザシも同じ状況での『G』評価。当たった後の二次衝突で厳しい衝撃を受ける可能性を残す。IIHS内で審議の対象になっているらしい。今後の大きなテーマになるだろう。