[野球]
上田哲之「甲子園とダルビッシュと堂林」

 彼らは今、本当に気持ちいいだろうな。羨ましい。あからさまに嫉妬しながら、あるバッテリーを見つめていた。夏の甲子園(全国高校野球選手権大会)予選、西東京大会の決勝、日大三-日野の一戦である(7月28日)。西東京では近年、圧倒的に日大三高が強い。しかも強打でことごとく圧勝する。今年も準決勝まですべてコールドゲームで勝ち上がった。対する日野は、都立高である。西東京の都立高はもう32年間も甲子園に行っていない。西東京において、甲子園は強豪私立高のものなのである。その「巨大な壁」(日野・嶋田雅之監督)に挑んだのが、池田直人-豊澤拓郎の日野バッテリーだった。

 まず、池田投手がいいのは、過剰な力みやわざとらしい笑顔がないこと。口をへの字に結んで、静かにモーションを起こす。例えば右打者には、ツーシーム(シュート?)系のボールをインコースに見せて、勝負は外角低めのスライダー。時折、大きく落ちるボールを交える。シンカーとカーブと両方あるようだ。しかし、基本となるのはスライダー。この切れ味は鋭い。そして右打者の外角ボールのコースから、シュートがぎりぎりストライクゾーンに食い込む。いわゆるバックドア。おお、グレッグ・マダックスか、おまえは。

 とはいえ、決勝では早々に失点してしまった。1回表には4番・佐々木優に痛烈なタイムリー。3回表にはその佐々木のインハイを狙ったシュートが死球になったのが響いて3失点。ただし、この回、日大三の打球は叩きつけて高くはね上がったりしたラッキーなものばかり。見ようによっては都立高バッテリーが打ち取っている。

 シュートを投げて、シンカー投げて、スライダー。カーブ投げて、シュート投げて、スライダー。スライダー投げて、バックドア。スライダー投げて、またスライダー。球速はせいぜい115キロから、速いシュートで130キロ。それでも日大三打線に、カキーンという会心の当たりは、1回表のタイムリー以外には出ない。池田-豊澤バッテリーがおそらくはこの1年、「打倒日大三」の野心を秘めて、思い描き続けてきたであろう凡打が続く。一球一球に投手としての快感が詰まっている。結果は0-5で敗退したが、野球をやる幸せを分けてもらったような時間だった。

 で、西東京が終わって神奈川県予選に移ると、こちらは横浜-東海大相模戦。横浜は、桐光学園の注目左腕・松井裕樹を2発のホームランで沈めて勢いに乗る。序盤は0-0。東海大相模の先発は1年生吉田凌である。ストレートは144~145キロ。スライダーが鋭い。日野の池田投手とはボールのレベルが違う。2年後にドラフトにかかっても不思議はない。ただし、池田と違って感情が表に出る。そこはまだ1年生の未熟さ。押し出しから崩れてマウンドにしゃがみこむ。横浜、決勝進出。

 それにしても、神奈川のレベルは高い。東海大相模の2番手投手も3番手投手も、みんな平気で145キロ出していた。それを横浜のプロ注目2年生、高濱祐仁や浅間大基が迎え撃つのである。でもね、吉田にしろ横浜の2年生エース伊藤将司にしろ、必死であって楽しくはなかっただろうと思う。その点、日野の池田の投球には、一球一球に快感が伴っていた。145キロの才能より、池田の快感を羨む平成25年の夏……。