世界経済
中国経済の成長率にさらなる減速懸念
〔PHOTO〕gettyimages

 8月1日、中国の国家統計局は、7月のPMI(製造業購買部担当者景況感指数)が50.3と、前月の50.1から0.2ポイント改善したと発表した。市場関係者の事前予想では、前月よりも悪化することが予想されていたため、今回の発表はポジティブサプライズとなり、主要株式市場はいずれも堅調な展開を示した。金融市場の初動動作は、この統計数字を歓迎する格好だ。

 一方、先に発表されたHSBC(香港上海バンク)の同PMIは47.7となり、中国経済の状況が悪化したことを示す結果となった。2つの数字の違いの背景には、統計の範囲が異なることがある。HSBCのカバー範囲には中小企業が多い一方、国務院の調査範囲は大企業が多い。そのため、違う数字が出ること自体はそれほど異例ではない。

中国経済の本当の姿とは

 元々、中国が発表する統計数字については、経済専門家の間で、信頼性に疑問を呈する見方があった。中には、「中国は自分に都合の良い数字を発表しがちで、ほとんど信用できない」とまで指摘する人もいる。

 今回発表された7月のPMI指標を見ても、そうした疑念を禁じ得ないのが正直なところだ。HSBCと国務院では、カバー範囲が異なるのは分るが、あまりに数字が違いすぎる。中国の実体経済に詳しい商社の中国担当などにヒアリングすると、恐らく、HSBCの数字の方が実態に近いのではないだろうか。

 6月初旬に金融市場が混乱し、中国政府が貸出金の規制を廃止して以降、中小企業を中心に、資金繰りが一段と厳しくなったという話をよく聞く。それに加えて、輸出雑貨の工場などが、かなり倒産に追い込まれているようで、一部の低賃金労働者の中には、農村部に帰らざるを得ない人も出ているという。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら