[ボクシング]
近藤隆夫「“志高きモンスター”井上尚弥への期待」

村田と井上、注目の8月25日

 プロボクシング注目の一戦が行われる8月25日まで、いよいよ1カ月を切った。

 この日、東京・有明コロシアムで、ロンドン五輪ミドル級金メダリスト・村田諒太(三迫)がプロのリングに登場する。プロデビュー戦の相手は東洋太平洋ミドル級王者の柴田明雄(ワタナベ)。いきなりの「日本人ミドル級最強決定戦」を見逃すわけにはいかない。

 そして、この8月25日には、もうひとつ楽しみなカードがある。神奈川・スカイアリーナ座間での日本ライトフライ級タイトルマッチ。王者・田口良一(ワタナベ)に“モ ンスター”と呼ばれる20歳のスーパールーキー井上尚弥(大橋)が挑む一戦だ。

 井上は“モンスター”と称されるに相応しいライトフライ級の逸材である。

 小学生になってすぐに父の指導の下、ボクシングを始めた彼は、新磯高(現相模原青陵高)1年時に、いきなり3つのタイトル(インターハイ、国体、高校選抜)を獲得。この時点で多大な注目を集め、その後も躍進。3年の時には、アマチュア日本一を決める「全日本選手権」でも優勝を果たすなど、高校生としては史上初の「アマ7冠」を達成した。

 2012年には、ロンドン五輪の予選会となる「アジア選手権」に出場し、決勝まで進むが、ここでカザフスタンのビルジャン・ジャキポフに判定惜敗。あと一歩のところで五輪出場を逃すも、井上は、この直後に、さらなる高みを求めてプロ入りを決意。大橋ジムに入門した。

 その年の10月にはプロデビュー。東洋太平洋ミニマム級7位にランクされていたクリソン・オマヤオ(フィリピン)に4ラウンドKO勝ちを収めると、その後も連勝。現在の戦績は3戦3勝(3KO)だ。