大人気映画のヒロイン声優とプロデューサーが明かした『風立ちぬ』と「宮崎駿(監督)」のいい話 瀧本美織×鈴木敏夫
対談はスタジオジブリで行われた。現在は今秋公開予定の高畑勲監督『かぐや姫の物語』制作の真っ最中だ〔PHOTO〕緒方一貴

取材・構成:砂田明子 メイク:佐鳥麻子 スタイリスト:寄森久美子

 7月20日、宮崎駿氏が5年ぶりに監督を務めた新作『風立ちぬ』が公開された。主人公・堀越二郎と恋に落ちるヒロイン・里見菜穂子役の声優を務めた女優の瀧本美織(21)と、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが制作秘話、見どころを語った。

大人のジブリ

―今作は二郎と菜穂子の恋愛を描き、〝大人のジブリ〟とも評されています。

鈴木 やっぱり、そういうイメージを持たれますよね。普通、人を好きになると、相手は自分をどう思ってるんだろうって気を揉んで、駆け引きや打算が生まれてくる。それが大人の恋愛。美織ちゃんは誰かを好きになったら、その相手も自分のことを好きだって100%信じられる?

瀧本 うーん、わからないですね。100%は難しいかも……。

鈴木 そうだよね。でも、宮崎駿作品は違うんです。主人公とヒロインは、会った瞬間に100%、相手のことが好き。一点の曇りもなく。二郎と菜穂子も、出会いのシーンからそうだった。確かに二人は大人の年齢で、キスシーンと初夜のシーンがある。でも、それらを除くと、これまでの作品と変わらない。大人というよりむしろ、少年と少女の恋に近いんです。どうして宮さん(宮崎監督)って、男女関係をそういう風に描くんだろう?

瀧本 どうしてだろう。監督が、100%を信じているから。あるいは、そうあってほしいと願っているからかな。

鈴木 若いときに辛い思いをしたんじゃないかなぁ(笑)。そういえば美織ちゃん、前に、鋭いこと言ってたよね。72歳で、なぜこんなに純粋な恋愛を描けるんだろうって話をしたときに……。