[サッカー]
大野俊三「東アジア杯で光った柿谷ら攻撃陣」

 称賛に値する優勝だったのではないでしょうか。みなさんご存知のとおり、日本代表が東アジアカップで初制覇を果たしました。代表では日の当たることが少なかった国内組が結果を出し、日本サッカーに少しずつ底力がつき、レベルアップが図られていると強く感じました。また今回は新戦力の発掘という大きなテーマが掲げられていましたから、その意味でも攻撃陣に新たな力を発見できたのは大きな収穫です。

厄介な齋藤のドリブル

 今大会、最も印象に残った選手はFW柿谷曜一朗(C大阪)です。2試合で3ゴール1アシストの活躍はあっぱれでした。彼が光るのは、裏へ飛び出すタイミングの良さとドリブルでゴールに向かうアグレッシブさ。初戦の中国戦では得点に加え、PA手前から仕掛けてFW工藤壮人(柏)のゴールをアシストしました。優勝を決めた韓国戦ではロングボールに抜け出して先制ゴールを奪っています。相手に押し込まれている時間帯に訪れたチャンスを逃さない決定力はストライカーに欠かせない要素です。

 しかも後半ロスタイムの決勝ゴールでは、相手GKが弾いたボールを確実に押し込む冷静さと技術の高さを見せてくれました。これだけのアピールをした柿谷は今後も代表に呼ばれるとみて間違いないでしょう。

 2戦目のオーストラリア戦ではMF齋藤学(横浜FM)とFW大迫勇也(鹿島)もいいプレーを見せていました。

 齋藤は左サイドから中央へ切れ込んでのゴールが見事でしたね。細かいステップとフェイントを織り交ぜ、シュートコースをつくりました。空いたスペースを見つける視野の広さと、そこへドリブルできる技術があってこその得点と言えるでしょう。

 DF出身の私からすると、彼のドリブルは相手のDFにとって相当、厄介だったと思います。基本的にDFはゴール前での攻防ではギリギリまで飛び込まず、シュートに対して足を当てようと考えるものです。ただ、あそこまでためられてしまうと我慢できません(笑)。その証拠にオーストラリアのDFは、齋藤が2回目のシュートフェイントをかけた際には体を投げ出してしまいました。