磯山友幸「経済ニュースの裏側」

「水素水」で急成長!地元熊本の名水に"超"付加価値を付けたKIYORA菊池

2013年07月31日(水) 磯山 友幸
upperline
KIYORAきくちでの水素水製造過程[Photo]筆者

 日本の地方にはそれぞれ特徴を持った「宝」がいっぱいある。おコメや野菜、果物といった農産物や、魚介類など1次産業品に付加価値を付けて高く売ろうというのが6次産業の発想だ。1次産業と加工などの2次産業、販売など3次産業を組み合わせ、1+2+3=6次産業化というわけである。

 そこでキーワードになる「高付加価値化」を実現するには、他にはない加工で「差別化」を進め、ブランドを磨くこと。高付加価値化戦略とは端的に言えば、コストを大幅に上回る価格で消費者に商品を買ってもらうための仕掛けづくりである。そんな6次産業化にこれから市を挙げて取り組もうとしている熊本県菊池市に、地元の宝に超が付く付加価値を付けて人気商品となり、急成長を遂げている企業を見つけた。

名水百選にも選ばれた菊池渓谷の水がベース

「KIYORAきくち」(本社・菊池市、大神志保子社長)。健康ブームの中で一躍人気商品となった水素水のメーカーである。厳密に言えば、6次産業の範疇からは外れるが、宝に磨きをかけている同社の高付加価値化戦略は6次産業の手本になり得る。

 阿蘇山麓に広がる菊池市は豊かな伏流水が湧き出る銘水地として知られる。昔からの米作地帯だが、そこでできるコメの食味が良いのも、美味しい水と切っても切れない関係があるからだと言われる。市内を流れる菊池川の源流「菊池渓谷」の水は、1985年に環境省が認定した「名水百選」にも選ばれた。

 そんな豊かな水を売り物にしようという試みは様々行われている。ペットボトル詰めしたミネラルウォーターや、仕込み水として作った日本酒など、成功している商品もある。そんな中で短期間の間に急成長しているのが「ナノ水素水KIYORABI」を製造・販売する「KIYORAきくち」なのだ。

 

次ページ  菊池水源系の水を汲み上げ、ミ…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事