日本の若者も捨てたものではない! 総理大臣を目指す中3女子に出会った河合塾「グローバル・ゼミ 2013」

若者の可能性を感じた「グローバル・ゼミ」

 大阪で、非常に楽しい講演の機会をいただいた。河合塾主催、朝日新聞後援の「グローバル・ゼミ 2013」だ。日本の若者の大いなる可能性を感じた、貴重な機会であった。私は、このゼミを通じて、地方の子供たちのほうが、グローバル志向が強いのではないかと感じた。

 開催地は、大阪。対象は、関西一円の中高一貫校の中3・高1生だ。河合塾は、このゼミを無償で提供している。東大の先、つまり海外の名門大学を目指す生徒が増え始め、彼らに対するプログラムの実験として、これを行っているのだろう。

 主催側は、大々的に宣伝するわけではなく、中高一貫校に「こんな機会ありますよ」と知らせる。その後、学生が自発的に手を挙げるのを待つというスタイルをとっている。内容に関しても、講師とおおまかな講演タイトルだけが書いてあるのみ。夏休みの最初の日曜日に、わざわざ新大阪駅近くの河合塾まで出てくる時点で、参加者の意識はかなり高いと言えるのではないか。しかも、そのゼミは、あまり情報がない、何だか得体のしれないものである。

 実際、参加者の自己紹介文が送られてきた時点で、「これは私なんかが海外に行けとわざわざ語る必要はない」と思うくらい、海外志向の強い生徒たちばかりであることが判明した。正直言うと、これを読んだ時に、けっこうなプレッシャーを受けた。参加者たちは、海外体験もあり、留学志望者も多い。彼らは、すでにかなり情報を集めているようなので、普通には入手できないような情報を求めていることだろう。ありきたりの話ではすぐに飽きられてしまう。

 とはいえ、いくら優秀でも、所詮相手は15~16歳。情報を増やして、大人向けの内容にしてしまっても、彼らにとっていい機会になるかどうかはわからない。よって、今回の講演は、一般的には知られていない視点を盛り込み、数字や写真やグラフをたくさん使ったクイズ形式で、日本や海外の事情について、皆に考えさせるスタイルをとることにした。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら