[虎四ミーティング]
プロ野球解説者・仁志敏久さん対談後記

 代表校がぼちぼち出揃い、間もなく甲子園が始まります。仁志さんは高校1年生の夏、常総学院の一員として出場し、準優勝に輝きました。小柄ながら、そのセンスは抜群でした。

 早大では東京六大学リーグ優勝2回、社会人野球の日本生命時代には初の日本代表入り。そして巨人ではリーグ優勝3回、日本一2回。これほど恵まれた野球人生を歩んだ選手は、そうはいないのではないでしょうか。

 勝つためには何が必要か。強いチームをつくるためには何が必要か。それを知り尽くした仁志さんには、1日も早くユニホームを着て現場に復帰してもらいたいものです。

二宮清純