佐藤優の読書ノート---『科学の果ての宗教』ほか

読書ノート No.50

内村剛介『科学の果ての宗教』講談社学術文庫 1976年

ロシア文学者で思想家の内村剛介(1920~2009年、本名、内藤操)氏は、私に強い影響を与えた知識人だ。内村氏以外の20世紀に活躍した日本の知識人の中で、専門分野であるプロテスタント神学者を除くと、私は宇野弘蔵氏、武市健人氏、その少し前だと田邊元氏、高山岩男氏、高畠素之氏らの影響を受けた。その中でもっとも強い影響を受けたのは宇野弘蔵氏である。

私の内村氏のテキストとの最初の出会いは、神学的関心からだった。私が最初に読んだ内村氏の著作は、『科学の果ての宗教』だった。当時、私は同志社大学神学部の2回生で、ライフワークとして神学を勉強しようと決意した直後のことだった。プロテスタント神学研究には、英語、ドイツ語などの現代の外国語とともにヘブライ語、コイネー(共通)ギリシア語、古典ギリシア語、ラテン語などの古典語の知識が必要になる。それに、神学は、その時代に流行してる哲学の枠組みを用いる傾向が強いので、哲学史の勉強も必要になる。従って、膨大な勉強時間を確保しなくてはならない。そのため、私は、下宿にあった小型テレビと(五味川純平と高橋和巳を除き)小説類をほとんど友人にわけてしまった。

その直後、私の記憶では、1980年の秋、京都の三条河原町下ルにあった駸々堂書店の文庫コーナーで『科学の果ての宗教』を買った。幼いイエス・キリストを抱いた聖母マリアのイコン(聖像)の表紙に惹かれた。この本は今も私の手許にある。奥付は1976年12月10日の初版なので、ベストセラーではなかったのだと思う。・・・・・・

このテーマについて深く知るための「連読」3冊
・猪木正道『共産主義の系譜――マルクスから現代まで』角川文庫 1984年
・Сергей Николаевич Булгаков ,От марксизма к идеализму. Сборник статей 1896-1903, СПб., 1903(セルゲイ・ニコラエビッチ・ブルガーコフ『マルクス主義から観念論へ 1896~1903年の論文集』サンクトペテルブルク、1903年)
・佐藤優『甦るロシア帝国』文春文庫 2012年

読書ノート No.51

佐々木紀彦『米国製エリートは本当にすごいのか?』東洋経済新報社 2011年

本書は、米国のMBA(経営学修士)コースの実態を、参与観察によって描いた優れたノンフィクション作品である。同時に英語学習法についても優れた示唆がある。特に書くことの重要性に関する佐々木氏の指摘は重要だ。

日本人の英語について、「日本人は読み書きはできるけど、話す聞くは苦手」とよくいわれますが、この通説は疑わしいように思います。

日本人の英語を読む力は、決して低くありません。受験勉強を真面目にやれば、読む力はかなりつきます。留学中は毎週無料で、八〇歳の紳士に個人レッスンをしてもらっていたのですが、彼は、貧弱な英会話力の私が難しい本を軽々と読むので、目を丸くしていました。

ところが、英作文になると途端に力不足が露呈してしまいます。

レポートを書いていてイライラするのは、内容を考えるという本質的な要素より、どう表現するかというスタイルの部分に多大な時間を取られることです。長いレポートのときは、提出する前に二度も米国人に添削をしてもらうので、日本語で同じことを書くのと比べ、五倍以上は時間がかかってしまいます。しかも悲しいことに、一年目は何回レポートを書いても文章がうまくなっている気がしませんでした。

今になって、英作文に苦戦している理由の一つは、大学入試にあります。私の母校の入試は、英文読解の難しさには定評があったのですが、英作文はゼロ。私が受験した大学はいずれも英作文の課題がなく、高校時代に英作文を必死に勉強した記憶がありません。そのツケが回ってきて、大学入試の構成どおりの英語力になってしまったのです。・・・・・・

このテーマについて深く知るための「連読」3冊
・立花隆『東大生はバカになったか』文春文庫 2004年
・C.W.ミルズ(鵜飼信成/綿貫譲治訳)
 『パワーエリート 上』東京大学出版会 2000年
 『パワーエリート 下』東京大学出版会 2000年
・安川實『ミッキー安川のふうらい坊留学記』復刊ドットコム、2010年

この続きは「佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」」でお読みいただけます。
なお、こちらのメルマガはお申込み月は無料でお試し読みができます。

>「佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」」を購入する
メルマガ表紙
佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」

価格:1,080円(税込)
第2・第4水曜日配信+号外
「佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」」を購読する

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」最新の記事
佐藤 優の書籍紹介