スポーツ

甲子園決勝再試合の夏から7年…早稲田実業 駒大苫小牧 栄光の球児たちの「その後」

2013年07月27日(土) フライデー
friday
注:第一試合の先発メンバー。※印が付いているのは主将。駒大苫小牧の田中は2試合とも途中出場

「再試合の映像をモニターに流してもらうんですけど、やっぱり、いろいろと思い出します。これだけ時間が経った今でも、2日間戦った駒大苫小牧の選手たちは仲間というよりライバルなんです」

早慶戦もプロ野球も見ない

 だが大半の選手は、高校卒業後に自ら野球と距離を置いた。三塁を守っていた小柳竜巳(25)も、その一人。早大入学前の3ヵ月間、野球部の練習に参加したが、入学式を待たずに入部を辞退する。

「一言でいえば、燃え尽き症候群です。甲子園で優勝することを目標に、ずっと野球を続けてきました。その目標を達成してしまうと、もう一度、野球と向き合おうという気持ちになれなかった。大学の野球部には、斎藤のように次のステップであるプロを見据えている選手もいます。とてもモチベーションを保てそうになかったんです」

 小柳は斎藤に「辞めようと思っている」と告げた。翌日になって〈昨日の話マジなの?〉というメールが届く。小柳は翻意しなかったが、野球漬けの日々を離れて痛感したのが無力感だった。何をすればいいのか分からず、時間をもてあますばかり。朝日新聞で事務作業のアルバイトをし、翻訳の仕事をしている姉を訪ねてパリに1ヵ月ほど滞在した。

「どれも初めての体験で勉強になりましたが、何か気持ちが満たされない。野球を続けている同級生たちへの負い目、辞めてしまった自分への不甲斐なさ……。そういう複雑な感情がありました」

previous page
2
nextpage


Special Feature
最新号のご紹介