[プロ野球]
佐野慈紀「日本プロ野球の魅力が詰まった“夢の球宴”」

 プロ野球は24日から後半戦がスタートしました。セ・パともに、ますます激しい優勝争いが繰り広げられることでしょう。さて、今年のオールスターは後半戦への期待値をグンと高めてくれましたね。私見を述べれば、近年では最も見応えのあるオールスターだったのではないかと感じています。60年ぶりにホームランゼロに終わったものの、そのことさえも気にならないほど、3試合ともに盛り上がりました。プロ野球ファンにとっては、まさに“夢の球宴”となったのではないでしょうか。

 今年のオールスターで楽しみにしていたのは、やはり6人という例年にはない出場人数となったルーキーを始めとする、若手ピッチャーです。2戦目の全セでは、菅野智之(巨人)、小川泰之(東京ヤクルト)、藤浪晋太郎(阪神)、石山泰稚(ヤクルト)と4人のルーキーリレーが披露されましたが、どのピッチャーも期待通り、いえそれ以上の素晴らしいピッチング姿を見せてくれました。

 最も注目を浴びた大谷翔平(北海道日本ハム)は、本拠地・札幌ドームで行なわれた第1戦で“二刀流”デビューを果たしましたね。ピッチャーとしては1イニングを2安打無失点に抑えました。オールスターという大舞台で、わずか19歳のピッチャーが自らの実力を惜しげもなく発揮し、果敢にストレート勝負をするというのは、本当にすごいことです。しかも、プロ入り最速タイの157キロというスピードを出し、観客のみならず、両ベンチを沸かせてくれました。これで、さらに160キロへの期待が強まったことでしょう。

 また、バッターとしては全3戦に出場して、7打数2安打1打点という成績でした。私が一番印象に残っているのは、1番として起用された第2戦。全セの先発に抜擢された同じルーキーの菅野から、オールスター初ヒットを放った後の走塁です。積極的に次の塁を狙う姿を見て、“二刀流”としての覚悟を感じました。そして、改めて“二刀流”実現の可能性の大きさを見せつけてくれたな、という気がしています。