「名将」と呼ばれた男たち連続インタビュー 高校野球は監督で決まる

浦和学院、常総学院、光星学院、高知高校ほか
週刊現代 プロフィール

 試合前「最後まで攻め続ける」と話していたが、それも全うできなかった。

いい投手はバントで崩す

 光星学院はそこまで二塁手を兼ねる城間竜兵と、エース番号を背負う金沢湧紀の継投で勝ち上がってきた。大阪桐蔭打線の弱点はインコースだと判断していた仲井は、そこを突ける城間を先発させようと考えていた。しかし土壇場で金沢を先発させた。レギュラーメンバー中、金沢が唯一の青森出身だったからだ。しかも地元、八戸生まれである。

「金沢がいるだけで、地元の盛り上がりはぜんぜん違う。だから金沢が投げて優勝したら、もっと喜んでくれるだろうな、と」

 ならば、それを口にしてもよかった。そうすれば光星に風が吹いたかもしれない。結局、光星は大阪桐蔭のエース藤浪晋太郎の前にわずか2安打に抑え込まれ、3-0で完敗した。

 光星は今、校名変更にともない選手集めも東北中心にシフトしている。現部員の約3割が青森出身者だ。

「同じ日本なのに外人部隊と言われるのはさみしい。高校野球は何かという答えはわからないけど、もっと地域で応援してもらえるようなチームにしたい」

 勝利か、郷土性か—。その間で揺れながらこの夏も「答え」を探し続ける。

*

 前任者から最初に受けたアドバイスは、進退伺いの書き方だった。

「半分は冗談だったんでしょうけど、書いとけ、と。それぐらいの気持ちでやらないといけない学校ですからね。それに、負けても進退伺い出せば『もうちょいがんばれ』ってチャンスくれるからと笑ってました」

 '11年夏、恩師の木内幸男の後を継ぎ、コーチから監督に昇格した佐々木力がそう思い出す。半世紀を超える計58年間にも渡って監督を務め上げた、いわば木内流処世術でもあった。

 佐々木は木内が取手二高時代、'84年夏に初めて全国優勝したときの「2番・セカンド」でもある。

 佐々木は最初は監督の依頼を断った。

「木内の後ですからね。自分ではあまりにも荷が重いと思った」