経済のプロ40名以上が明かす、ロボット時代に「生き残る会社」「なくなる仕事」~2020年の日本を大予測!あなたの会社は消えているかもしれない

2013年07月25日(木) 週刊現代

週刊現代経済の死角

upperline

 次々と新しい技術が開発される中で、手持ち技術が陳腐化する速度も早まっている。過去の成功体験にすがってばかりいれば、あっという間に後続企業に追い抜かれる時代だからである。

 生き残りのポイントは業界順位などとは関係なく、「どのようなアイデンティティを持つ企業になるかを明確にしているかどうか」(小笠原氏)。トヨタは日本から工場(生産拠点)をなくさないとの確固たる信念を持つ稀有な企業である。文字通り、日本発の日本企業として世界に伍して闘っていくというアイデンティティが明確なわけだ。

追い込まれた会社が続々と生き返る

 2位にセブン-イレブン・ジャパンが入っているのは、意外かもしれない。人口減少社会の到来で内需産業は大打撃を食らうと見られているからだ。また自動車業界からは、日産やスズキではなく、売上高で劣る富士重工業が10位に入っている。

 ランクインの理由は、両社ともに「信念の企業」であるから。経済ジャーナリストの塚本潔氏が言う。

次ページ 「変化し続ける限り飽和はない」…
前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事