[BCリーグ]
富山・野原祐也プレーイングコーチ「取り戻しつつある“泥臭さ”」

 富山サンダーバーズは前期、あと一歩のところで優勝を逃してしまいました。優勝を意識していくうちに、徐々にチーム全体の動きがかたくなってしまったのです。また、それまでは必死に目の前の1勝を目指していたのが、前期の終盤には「勝てるだろう」という雰囲気がチーム全体に広がっていたことも否めません。それは後期に入ってからも続き、4連敗を喫しました。しかし、連勝をした19、20日では、ようやく本来の必死さが見えました。選手たちは忘れかけていたものを取り戻しつつあるようです。

 進藤達哉監督からは「ひとり一人が、自分の役割とは何かを考え、やれること、やるべきことをきちんとやって、チームの勝利に貢献してほしい」と言われています。前期はそれができていたからこそ、チームは首位に浮上し、優勝マジック点灯というところまでいったのです。ところが、最後の最後、それができなくなってしまいました。

 たとえば1死二、三塁というチャンスの場面、得点するにはヒットだけではありません。内野の守備体系を見ながら内野ゴロで1点を取ることも戦略のひとつです。つまりたとえヒットでなくてもコツコツと得点を稼ぐことができるといった泥臭い野球が富山の真骨頂のはずでした。ところが、優勝が間近に迫ってくると、強振してファウルフライに終わるなど、せっかくのチャンスをいかすことができなかったのです。

 しかし、連敗をストップさせ、後期初勝利となった今月19日の石川ミリオンスターズ戦では、ようやく富山らしい野球をすることができました。4-6と2点ビハインドで迎えた5回裏、相手エラーや3連続四球で2点を返して同点にしたのです。そして1死満塁の場面、9番・岡野勝利(前橋育英高-群馬ダイヤモンドペガサス)が必死に粘って食らいついて打ったセカンドへの内野ゴロの間に、三塁ランナーが返り、勝ち越しに成功しました。結局、これが決勝点となりました。岡野の内野ゴロだけでなく、この試合全体に、選手たちが自分たちがしてきた野球を思い出したような印象がありました。後期優勝に向けての手応えを感じることができたのです。