[裏方NAVI]
ニッタク(日本卓球)<後編>「試行錯誤の先にある光」

08年に帰化し、翌年には日本代表初選出を果たした張選手

 4年前、日本卓球(ニッタク)のラバー開発・提供が、ある男子選手の復活を後押しした。選手の名は張一博。中国・上海出身で、高校時代に来日し、2008年に日本国籍を取得している。日本代表として世界選手権にも出場するなど、日本男子卓球界を牽引する選手のひとりだ。張が08年に帰化したのは、日本代表になりたいという強い思いがあったからだ。だが、彼はその頃、ある課題にぶつかっていた。それがラバーだった。

 ラケットのブレード部分に貼るラバーはゴム状のシートと、下地となっているスポンジからなっている。シートの形状やスポンジの厚さ、硬さの違いによって、打球感やスピード、コントロール性などが異なり、選手のプレーに大きく影響する。そのため、選手にとっては自らのプレースタイルに適したラバーを見つけることが実力発揮の条件のひとつであり、またメーカー側は選手の要望に叶うラバーの開発・企画に余念がない。

 企画開発部の松井潤一課長は、次のようにラバーの構造について説明してくれた。「例えば、表面が凸凹している表ラバーを使うと、無回転に近いボールが出しやすくなりますし、逆に平らになっている裏ソフトラバーを使うと、ボールに回転をかけやすくなるんです。さらにスポンジの硬さも選手によって好みが分かれます。同じラケットを使っている選手でも『フォア側は硬めにして欲しい』という選手もいれば『バックを軟らかめにして欲しい』という選手もいる。また、同じ選手でも技術力やパワーがアップすれば、プレーの質も異なってくる。そうすると、求められるラバーの硬さもかわってくるんです」