サッカー
新戦力の台頭が望まれる東アジアカップで、「時間がなかった」とは言ってほしくない!
〔PHOTO〕gettyimages

 東アジアカップの開幕戦で、日本は中国と3対3で引き分けました。

 韓国で開催されているこの大会には、ヨーロッパでプレーする海外組は呼ばれていません。FIFA(国際サッカー連盟)が定める国際Aマッチデイに行なわれる大会ではないため、各国のサッカー協会は基本的に選手を拘束することができないのです。

 日本にもマンチェスター・ユナイテッドやアーセナルがやってきましたが、欧州各国のクラブはまさにいまシーズン開幕前の大切な時期を過ごしています。本田圭佑がプレーするロシアのように、すでに開幕しているリーグもあります。各クラブが主力選手を手放すはずがありません。韓国もオーストラリアも、同じような事情を抱えています。

 そのため、アルベルト・ザッケローニ監督はJリーグでプレーする選手でチームを編成しています。選ばれたメンバーはそれぞれに個性があり、所属クラブで結果を残してきた選手たちです。ロンドン五輪に出場した選手もいます。彼らがどれぐらいできるのかには、私自身も注目しています。

今回の東アジアカップはあくまでも参考資料

 ポイントはセンターバック、ボランチ、フォワードでしょう。W杯アジア最終予選とコンフェデ杯を戦ってきたチームがバージョンアップするために、新戦力の台頭が望まれるポジションです。

 気になることがあるとすれば、ザッケローニ監督のもとで主力を担ってきた選手が、今回のチームにはひとりも含まれていないということです。

 中国戦では槙野智章のクロスから、柿谷曜一朗がヘディングシュートを決めました。素晴らしい展開から生まれたゴールですが、いつもの代表なら槙野ではなく長友佑都が左サイドバックです。1トップを務めた柿谷の周りには、本田圭佑や香川真司、岡崎慎司らがいるはずです。

 そのなかでも、柿谷はヘディングシュートを打ったポジションに走り込めるのか。パスの出し手が変わり、周囲の選手も違う状況で同じようなパフォーマンスを見せられるのかは、実際にプレーしてみないと分かりません。まったく別と言っていい日本代表で活躍しても、戦力になれるかどうかは見極められないのです。

 よって今回の東アジアカップはあくまでも参考資料に過ぎないというのが、私の意見です。

 たとえば、遠藤保仁、今野泰幸、前田遼一、中村憲剛らを招集すれば、既存の選手との関係を見極めることができます。「こういうときは、こうやって動く」というチーム戦術を、彼らを通じて浸透させることもできます。

 遠藤と今野はJ2のガンバ大阪に所属していて、J2は東アジアカップ開催中もリーグ戦があります。先のコンフェデ杯の期間中もリーグ戦があり、ガンバは彼ら抜きで戦った。サッカー協会からすれば、立て続けに迷惑をかけられないという思いがあるのでしょう。

 ですが、東アジアカップがこの時期に行なわれるのは、もうずいぶん前から分かっていたことです。様々な状況に対応する時間はありました。そう考えると、遠藤と今野を呼べなかったことが、少し残念に思えてくるのです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら