[MLB]
杉浦大介「史上最大のドーピング・スキャンダルは現実となるのか」

今月中にも処分の可能性

風雲児A・ロッドは今季後半戦でも不名誉な形で話題の中心になる可能性が高い。Photo By Kotaro Ohashi

 ニューヨークで行なわれた今年のオールスターも無事に終了し、MLBは19日から後半戦に突入している。熾烈なプレーオフの座席争いをはじめとして話題豊富な一方で耳を塞ぎたくなるような厄介な問題も存在する。在米メディアも大きなスペースを割いて伝え続けている“バイオジェネシス問題”である。

 6月4日、「ESPN.com」が「マイアミの老化防止クリニックから禁止薬物を供給されていた件で、MLBが約20選手に50~100試合の出場停止処分を科す方向」と報道。この20選手の中にはA・ロッドことアレックス・ロドリゲス(ヤンキース)、2年前にMVPを獲得したライアン・ブラウン(ブリュワーズ)、レンジャーズの主砲であるネルソン・クルーズ、昨年のオールスターでMVPに輝いたメルキー・カブレラ(ブルージェイズ)、今年の球宴のメンバーにも選ばれたバートロ・コローン(アスレチックス)、今季前半戦で打率.303という好成績を残したジョニー・ペラルタ(タイガース)といった大物が含まれる。

 これらのビッグネームが一斉に出場停止となれば、アメリカのスポーツ史上でも最大のドーピング・スキャンダルとして記憶される事態になるはずだ。

 MLBはこれまで大金を投入して調査を継続しており、6月上旬には老化防止クリニック「バイオジェネシス」の設立者であるトニー・ボッシュ氏が面談に合意。同時に名前が挙がった選手たちとの個別聞き取りも進め、結果として今月中にも処分が発表される可能性があるという。

「結論が出ていない問題についての報道の中で、私と他の選手たちの名前を出されました。推移を見守り、適切な機会に発言するつもりです」

 股関節の故障からのリハビリを続けてきたロドリゲスは、6月6日の時点でそんな声明を発表していた。今後、まずは、このA・ロッドとブラウンという2人の最大のビッグネームへの処分がなされるのか、対応が注目されていくのだろう。