[アイランドリーグ]
徳島・大谷真徳「第2の角中(ロッテ)を目指して」

2013年注目選手に訊く VOL.2

 四国アイランドリーグPlusは後期シーズンが開幕している。NPB入り、または復帰を目指してプレーする選手たちにとっては野球人生を賭けた熱い夏がやってきた。

兄の尚徳もBCリーグ信濃でプレーしており、兄弟揃っての独立リーガー。

 前期、攻守にハツラツとしたプレーをみせたのが、徳島の外野手・大谷真徳だ。打っては左肩脱臼による離脱もありながら、リーグ唯一の3割台(.311)をマーク。守っては広い守備範囲と、強肩からのレーザービームでランナーを先の塁に進めさせない。

 今季からリーグでは「お金を払っても見に来てよかった」と思わせるようなプレーをみせた選手に毎月、「グラゼニ」賞が贈られているが、大谷は4月、5月と2カ月連続で受賞を果たしている。四国のファンを魅了する24歳に夢実現への意気込みを訊いた。

オフは誰よりもバットを振った

――4月、5月と「グラゼニ」賞に輝きましたが、4月はまず守備での受賞でした。香川戦(4月13日)にライト線への長打コースの当たりを素早く捕って二塁へ送球。バッターランナーをタッチアウトにしました。肩の強さには自信があると?
大谷: 四国に来るまでは、そこまで肩が強いとは思っていなかったんです。でも、徳島に入って、島田(直也)監督や森山(一人)コーチから「オマエの武器は肩だ」と言われて自信がつきました。

入団トライアウトで遠投120メートルを記録した。

――スローイングでランナーを刺すには単なる肩の強さに加えて正確性も求められます。その点で改善された部分もあるのでしょうか。
大谷: 今季がスタートする前、島田監督から「キャッチボールから正確に投げることを意識しよう」とアドバイスを受けました。そのことをしっかり頭に入れて、キャッチボールはもちろん、守備練習にも臨んでいる成果が出たプレーだったと思います。

――5月の「グラゼニ」賞で対象プレーとなった愛媛戦でのランニングホームラン。ところがホームに滑りこんだ時に左肩を脱臼し、しばらく試合を欠場せざるを得なくなってしまったとか。
大谷: 賞金の18,000円をいただいたんですけど、代償はでかかったです(苦笑)。治療費に消えてしまいましたから……。左中間の当たりで二塁をまわった時点で、まだ外野が追いついていなかったので、ホームまで行けるかなと思い切って三塁を蹴りました。そしたら、意外と速くボールが返ってきて、無我夢中で頭からスライディングしてしまいました。

――昨季は打率.236、1本塁打とバッティングで苦しみました。今季の好調の要因は?
大谷: 昨季途中から指導いただいている長内(孝)コーチのおかげですね。昨秋のみやざきフェニックスリーグではヒットは打てたものの、NPBの大きな壁を感じました。「このままではマズイ」と思いましたね。オフシーズンでどれだけ追い込めるかが勝負になると痛感したので、徳島に残って皿洗いのバイトをしながらバットを振り込みました。誰よりもバットを振った自信がありましたから、結果につながっているのはうれしいです。