[自転車競技]
白戸太朗「ツール・ド・フランスはスポーツにとどまらず!?」

「世界最大のサイクルロードレース」というキャッチフレーズで盛り上がっているツール・ド・フランス(TDF)。日本国内でも毎晩数十万人がLive中継に盛り上がるという。サイクルスポーツがまだそれほど一般化していない日本国内でもその名前は知れ渡るようになってきた。それも意外に自転車、いや、スポーツに縁のないような女性が見ている例が多く、意外な組み合わせに驚かされることが多い。なぜこのレースはそれほどに人を魅了するのか。また星の数ほどあるサイクルロードレースの中で突出した存在なのか。

人気を支える景観の美しさと映像技術

 TDFは非常にTVと相性のいいスポーツイベントだ。世界190カ国で中継され、60チャンネルではLive中継を行っている。今年からは中東のテレビ局として有名なアルジャジーラでも放映されるというからその広がりぶりには感心させられる。これはもちろん主催者であるアモリー・スポール・オルガニザシオン社(ASO)の営業力もさることながら、彼らが作り出す美しい映像にある。

観光名所がコースになっていることも魅力

 観光VTR顔負け、それ以上に美しい景色や、ガイドブックには出てこないような小さな遺跡など、コース脇の建物、名所がふんだんに紹介される。それも最新のカメラ技術で撮られているため、実に美しく「レースは分からないけれど、景色が綺麗だから見ている」という人が多いのにもうなずける。最近ではハイビジョン映像配信になり、大画面でも克明に美しく映し出されるようになった。中継で実況を担当する立場としても、レースの状況が細かく分かるので大変ありがたい。

 また、レースを分かりやすく見せるための努力も怠らない。有力選手の位置取りが客観的に分かるようにGPSを駆使した表示なども、TDFがこの世界に取り入れてきた手法である。確かにこれだけの映像を放映できるのなら、世界中の放送局が触手を伸ばすのも理解できる。もっともその放映権料は安いものではなく、それだけで現在の大会収入の7割程度を占め、大会を支えている。