[アイランドリーグ]
高知・定岡智秋監督「選手との個人面談でドラフト指名へ」

大きい後期開幕戦の勝利

 まだ3試合とはいえ、後期は1勝2分と負けなしのスタートです。前期は開幕8連敗と出だしでつまづいただけに、選手には「8連勝するつもりでやろう」と話をしていました。特に最初の相手は前期優勝の香川。ここで勝つと負けるとでは大違いだと感じていました。

 先発に立てたのは山中智貴。彼は前期、良い時と悪い時がはっきりしており、途中からは中継ぎに回していた右腕です。ただ、短いイニングで思い切って放らせることで、本来のピッチングが戻ってきました。四球での自滅も少なくなり、改善の兆しが見えたのです。

 そこで後期から再び山中を先発に戻す決断を下しました。代わって調子の上がらない野原慎二郎をリリーフに配置転換。香川戦では山中から野原へと継投しました。これがうまくハマりましたね。

 山中は5回を1失点でまとめ、野原は3回を1安打無失点の好投をみせました。最後はクローザーとして本領を発揮している吉川岳が3者凡退の締めくくり。ポイントとなる大事な初戦をモノにし、チーム全体が「後期は行ける」という気持ちになったのではないでしょうか。

 前期は最下位とはいえ、最後の6月は8勝6敗2分と勝ち越し、投打はかみ合っていました。結果的には愛媛に大きく負け越しただけで、優勝した香川ともほぼ互角の勝負ができており、チーム内には「後期こそ」との思いが生まれていました。実は7日の徳島戦ではエースの井川博文が立ち上がりに5失点を喫しながら雨でノーゲームになり、天も味方してくれるようになったのかな(笑)と前向きにとらえています。