古賀茂明メルマガ読者との対話「国政選挙を全国ひとまとめにした比例代表制にすれば民意が反映できると思いました」ほか

国政選挙を全国ひとまとめにした比例代表制にすれば民意が反映できると思いました

【質問】 メルマガでも取り上げられましたが、都議選にかかわらず最近の選挙の投票率の低さには悲しくなります。たしかに、投票したい候補者の少ない事は事実です。しかし、選挙権というのは政治を変えられる機会に参加できる唯一の権利。それを放棄したらもう何も言う権利はありませんよね。投票率が低いが故に全体で見れば獲得票数が少ない政党でも議席を独占できる。オカシな事です。

 いっそ、少なくとも国政選挙では全国ひとまとめにして比例代表制のみにしたら投票した人の本当の民意が反映できるのではないかと思いますが、いかがでしょう。個人的には地域を代表する議員は必要ないと思っています。とくに給与所得者にはおらが村、町の代表というのは殆ど意味がありません。まして、自分の投票できる選挙区には推したい候補者が居なくて他の選挙区には居るなんてこともしばしばで、それでも投票しなければならないという矛盾もあります。

【古賀さんの回答】 確かに、全国の比例代表のみというのは、一つのアイデアです。ご指摘の趣旨を踏まえれば、政党だけではなく、政治家個人にも投票できる制度(今の参議院の全国区)にするということでしょうか。

最大のメリットは、死票が少なくなること。そして、一票の格差がゼロになることです。私も、一票の格差がなくなる点に大きな魅力を感じます。

ただし、全国区にすると、お金がかかるとか(ネット選挙でも実は、かなりお金がかかることがわかってきましたよね)、テレビに出ていて知名度が高い候補が有利になるとか、デメリットもあるので、様々な検討を行う必要があると思います。

ちなみに、北欧諸国などは、極めて投票率が高いのですが、これらの国は、一院制が多いです。投票率が高いのは、国民が、政治に信頼を置いていることの表れなのかなと思います。政治家が嘘をつかないという前提があって、公約を基に候補者を選ぶと、約束した政策を実行してくれるということなのでしょうか。そうであれば、投票に行こうと思いますよね。

日本ではそうなっていないのは、政治家が嘘をつくから、選挙に行っても意味がないと考え、投票率が下がるのでしょうか。それとも、国民に危機感がなくて、面倒なことは適当にやっておいてという他人任せの意識が強いからでしょうか。

いずれにしても、国民の監視の目が弱いことは確かですね。

私は、選挙前よりも選挙後の方が重要だと思っています。選挙の時に言ったことを政治家がどう実践していくのかを、ずっと監視し続けることが大事です。そして、もっと大事なのは、声を上げること。メールでも電話でも、ツイッターでもフェイスブックでもファックスでも手紙でも、何でもいいです。政治家に意見を伝え、周りの人々に、知らない人々も含めて自分の意見を伝えましょう。デモも有効な手段です。議員は、こういう声に非常に敏感です。・・・・・・