賢者の知恵
2013年07月22日(月) 週刊現代

大手企業54社に聞いたM9南海トラフ大地震 どんな準備をしてますか

電力、ガス、交通機関、商社、メガバンクほか

週刊現代
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

 世の経営者はあげてコストカットに余念がないが、カットしてはいけないコストもある。まったなしの大地震対策に、この国を代表する大企業は真剣に向き合っているのか。ズバリ、聞いてみました。

1億円分の非常食を用意

「全国の自治体との間で650件ほどの防災協定を結んでおり、協定先自治体と共同して訓練などを行っています」(イオン)

「津波リスクのある拠点については、(行員に)ライフジャケット(救命胴衣)の備品配付を実施しています」(三菱東京UFJ銀行)

「津波被害の危険度が高い地方拠点については、より安全な物件への移転や統廃合を順次進めています」(朝日新聞社)

 そう遠くない将来、必ず来るとされる南海トラフ大地震。政府の発表では、今後30年以内に60~70%の確率で最大M9クラスの衝撃が日本を襲うという。

 7月2日には千葉県山武市の九十九里浜に突如クジラ5頭が打ち上げられるなど、日本周辺では何かと不穏な自然現象が頻発している。実際、東日本大震災以来、活発化している各地の地殻変動も続いており、南海トラフでの大地震もいつ起きてもおかしくないと専門家たちは口を揃える。

次ページ  ひとたび南海トラフで巨大な地…
1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ