9月以降、株式市場を襲う3つの懸念!誰もが儲かる相場は終わり、「選別」こそがアベノミクス相場第2弾のキーワードになる

 7月12日現在、日経平均株価指数は14,505円。5月23日の下落以降下げ相場が続いていましたが、とりあえずひと段落して回復基調に向かっているようにみえます。アベノミクス相場第2段なるかどうか。5月22日の15,627円を抜けるのか抜けないのかを考えてみようと思います。

 この仕事を長くしている者の正直な告白として、相場の予測は簡単に当たるような代物ではないとまずお伝えします。というのも私自身は相場の先行きをある程度予測しながら資産運用業務をしていますが、そのような予測はなかなか当たりません。実際にそのような予測に基づく運用は資産運用を日経平均株価指数の動きに連動するギャンブルにするようなものです。根本的にはよい企業に投資をすることが、そのような相場変動の影響を結果的に小さくすることになると、私は考えています。それを前提にひとつの参考として聞いてください。ただ分析そのものは真剣です。

結論として15,627円を抜けるとすれば9月まででしょう。抜けるとすれば、です。抜ける可能性はかなり小さいですが、ないことはないです。抜けたらその時は売り場でしょう。

9月以降、日本株を襲う3つの懸念

9月以降は3つの懸念が台頭するので日本株の上昇率はかなり低いものになると思われます。3つの懸念は相当しんどいものです。

ひとつは、消費税の問題です。消費税は来年の4月から現行の5%から8% に上昇します。事前に駆け込み需要が不動産などを中心に発生するでしょうが、4月以降しばらくその消費の先食いの反動が出てくるのは確実です。株式市場は3ヶ月から半年後の経済状況を短期的には読みにいくので、9、10月頃からは4月以降の需要の減少を読み込み始めるでしょう。

 そのころ足下の景気そのものは、景気回復の足取りがかなり強まっているとは思います。しかし、株式市場は先を読むので、消費税増税の影響を読み始めるのです。国内の消費関連についてはかなりの冷え込みが予想されます。メディアもかなり煽りますし、おそらく年明けは再度、「節約」をテーマにした特集が増えるでしょう。そもそも日本人はこの20年間、「節約が正義」と刷り込まれているので、なかなか消費をする雰囲気ではなくなるのではないでしょうか。

 消費税増税は先送りされるのではないか、という話も出てくるでしょう。しかし、それも相当難しいのではないかと考えています。

 というのも、まずは財務省サイドがなにがなんでも消費税増税を通そうとするでしょう。世界の金融市場もここで消費税増税を先送りをしたら、日本の財政の健全化が見込めなくなると予想して、国債の格下げやそれに伴うヘッジファンドの売りじかけなどが起きてくるので、金融市場的にも厳しいわけです。これは困った。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら