[サッカー]
田崎健太「里内猛が描く日本の未来図Vol.9」

~ジーコ、オシム、関塚を支えたフィジコ~
ブラジルサッカーの“聖地”マラカナン

 2010年春、里内猛はリオ・デ・ジャネイロでジーコに会い、その後、サンパウロ州の小さなクラブを回った。自分の基本にあるブラジルのサッカーを肌で感じ、学び直すつもりだった。スタジアムにも足を運び、リオのマラカナンスタジアムでは大雨の中、CRフラメンゴ対バスコ・ダ・ガマの試合を観戦した。フラメンゴには元ブラジル代表フォワード、アドリアーノが所属していた。かつて里内が長期滞在していた時代と違い、好況となったこの国にはアドリアーノのように著名なサッカー選手が戻ってくるようになっていた。ブラジルの社会、そしてサッカーが変わっていた。

予期せぬ電話

 里内が日本に帰国したのは同年4月のことだった。とはいっても、彼は準備を済ませて、再びブラジルに戻るつもりだった。だが、成田に着いた翌々日、里内の電話が鳴った。大宮アルディージャの強化担当スタッフからだった。

「里さん、何しているんですか?」
「何もしていないよ。おとついブラジルから帰ってきた」
「あっ、そうなんですか? どっかに籍はあるんですか?」
「全然ない」
 電話の向こうの男は、何か思いついたようだった。
「分かりました。また電話しますわ」

 言葉通り、翌日電話があった。里内にフィジカルコーチを頼みたいという。2010年シーズンの大宮は韓国人の張外龍が監督を務められ、開幕戦こそ勝利したものの、その後は勝ち星を挙げられなかった。里内がフィジカルコーチ就任を打診される直前に行われた第8節清水エスパルス戦(4月24日)でも1対2と敗れ、1勝2分5敗の17位と低迷していた。

 里内は大宮に行くことになれば、ブラジルに戻ることはできなくなると頭の片隅で考えていた。ただ、自分の力を必要としてくれることは有り難かった。
「いつからチームに入ればええんや。6月ぐらいでええんか?」
 6月には南アフリカでワールドカップが行われ、Jリーグは中断する。調子のよくないJクラブは、その間にチームを建て直すための合宿などを行うことが常だった。

「いや、明日からです」
「明日から!?」
 思わず大きな声になった。
「それと監督が鈴木淳さんになります」
 強化担当スタッフの言葉を聞くなり、里内は「そりゃあかん」と慌てた。
「お前、監督にまずフィジカルコーチを誰にするか聞けよ」

 監督とは往々にして側近には気心の知れた人間を集めたいと考えるものだ。ゆえに監督とフィジカルコーチ、ゴールキーパーコーチはセットで動くことが多い。特にブラジルなどではその傾向が強かった。1961年生まれの鈴木は里内よりも4つ年下だった。しかし、監督は絶対である。鈴木の意向を聞かずにチームに入ることは失礼だと里内は考えていた。

「じゃあ、ちょっと監督に話してみます」
 それからすぐに再び強化担当スタッフから電話があった。鈴木から特にフィジカルコーチの指名はなく、里内に頼みたいという。4月27日、里内は大宮のフィジカルコーチに就任した。