[パラリンピアンの挑戦]
高桑早生、リヨンで日本新記録に挑む

 16日、IPC陸上競技世界選手権大会がフランス・リヨンで開幕する。ロンドンパラリンピックのメダリストなど、世界のトップ選手たちが一堂に会する大会だ。昨夏、初めてのパラリンピックで100メートル、200メートルともに入賞を果たした高桑早生(慶應大)も出場する。公式大会としては、ロンドン以降初の世界の舞台。狙うは、2011年ジャパンパラ以来となる100メートルでの13秒台、そして日本新記録だ。

「うまくいけば13秒7くらいはいけると思います」
 10年から高桑を指導している高野大樹コーチは今、彼女の走りに手応えを感じている。世界選手権前最後のレースとなった今月6日の関東身体障害者陸上競技選手権大会、高桑は14秒18をの好タイムを叩き出した。スタンドから見ていた高野コーチの目にも、全体的な動きはいいように映った。

 だが、高野コーチはもうひとつしっくりときていなかった。動きはいいが、勢いに欠けているように感じていたのだ。レース後、高桑本人も「今日は遅く感じた」という感想をもらしたという。彼女自身、スピードを出し切れなかった感が否めなかったのだ。実際、ピッチを見てみると、やはり遅いことがわかった。1年前のロンドンでは片足が30秒間に136回、地面をつくピッチの速さで走っていた。だが、今回の関東選手権では126回。この10回の差は、決して小さくないという。つまり、ピッチが遅かったことが、スピード感を阻んだのである。

 では、ピッチが遅く、本人もスピードを出し切れなかったと感じたにもかかわらず、なぜ高桑は14秒18という好タイムを出すことができたのか。しかも、向かい風の中のレースだったという。高野コーチはその要因を「オフ期間からのトレーニングの賜物」と語る。
「ロンドン以降、オフシーズンにかけて取り組んできたのが、大きな動きでストライドを伸ばすことでした。おかげでロンドンでは100メートルを62~63歩で走っていたのですが、今は常時60歩以内におさまっています。それが安定してできるようになってきているからこそ、ピッチが遅くても、好タイムが出たんだと思います」