[BCリーグ]
群馬・川尻哲郎コーチ「後期優勝へ、土台づくりに手応え」

 BCリーグは6日から後期がスタートしました。群馬ダイヤモンドペガサスは、同じ上信越地区の新潟アルビレックスBCと信濃グランセローズに連敗してしまいましたが、2球団との実力差はほとんど変わりません。後期こそは優勝して、2年ぶりのプレーオフ進出を目指します。

 さて、前期は新潟に9.5ゲーム差をつけられての2位に終わりました。前述したように、新潟との力の差はそこまで感じることはありませんでした。しかし、若い選手が多いためかミスが多く、勝つために何をすべきかを理解していない選手が少なくありませんでした。その部分で新潟との差が出てきたように思います。

 私自身、BCリーグでの指導は初めてということもあり、前期はどうなるのだろうという気持ちもありました。しかし、選手の特徴や性格、実力が見極められるようになった今、各選手に応じた指導ができるようになっていると感じています。また、それが十分に通用するという手応えも前期終盤につかんだことは、非常に大きな収穫でした。

先発陣、フォーム修正後の好投

 さて、前期はチーム防御率がリーグワーストの3.86という結果でした。この成績を見ても、後期優勝へのカギはやはり投手陣の立て直しがまずは挙げられます。エースとして期待された3年目の栗山賢(日本文理高-鷺宮製作所)は、シーズン途中はなかなか勝ち星に恵まれなかった時期もありましたが、最終的にはチームトップの5勝(5敗)をマークしました。

 栗山は当初、窮屈なフォームで投げていました。具体的に言うと、体重移動しながら打者に向かっていく際に、背中が丸まり、左足が三塁側に踏み込み過ぎていたのです。そのため、特に右打者の時にストライクゾーンが狭くなり、リリースポイントも定まっていませんでした。

 おそらく栗山自身はそれが自分にとって感覚として投げやすいと勘違いしていたのです。しかし実際は、変化球が抜けるなどコントロールが定まっていませんでした。そこでシーズン途中、フォーム改善に取り組ませたところ、現在ではだいぶロスのないフォームになってきています。それが6月22日、富山戦での今季初完投・初完封につながったのだと思います。

 新人ながら先発の柱として頑張ってくれているのが、町田翔司(前橋工高-オール高崎野球クラブ)です。彼はもともと身体能力が高いのですが、入団した当初はどうしても腰が開いてしまい、ボールがシュート回転していました。そこで、腰からバッターに向かっていくようなイメージで投げるように、つまり下半身の力を維持したまま体重移動をするようにしたところ、非常に良くなりました。初登板の際には、マウンド上で落ち着きがなかった町田ですが、今月2日の信濃戦では4安打11奪三振で初完封を達成するなど、精神的にも強くなっています。最近では配球を勉強するなどの意欲を見せており、さらなる活躍に期待しています。