佐藤優の読書ノート---『戦時下のドイツ大使館 ある駐日外交官の証言』ほか
【佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」vol017 目次】
―第1部― インテリジェンスレポート
 ■分析メモ No.38 「エジプトのクーデターと『アラブの春』のパラドックス」
 ■分析メモ No.39 「アルバニア議会選挙」
―第2部― 読書ノート
 ■読書ノート No.47 『戦時下のドイツ大使館 ある駐日外交官の証言』
 ■読書ノート No.48 『「第5の戦場」サイバー戦の脅威』
 ■読書ノート No.49 『政権崩壊 民主党政権とはなんだったのか』
―第3部― 質疑応答
―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録
―第5部― 佐藤さんの今後の予定(8月下旬まで)
現代ビジネスからのお知らせ

■読書ノート No.47

エルヴィン・ヴィッケルト(佐藤眞知子訳)
戦時下のドイツ大使館 ある駐日外交官の証言』中央公論社 1998年

 評者(佐藤優)は、月1回、吉野文六元ドイツ大使を訪ね、聴き取りを続けている。吉野氏は94歳だが、お元気だ。6月におじゃましたときに、「最近、思い出したんだけれど、僕はこの本を書いたヴィッケルトと戦後、しばらくの間、外務省翻訳室で一緒に仕事をしたことがある。当時は、外交官資格をもたない大使館のスタッフと思っていたが、大物の外交官でしかもドイツ作家協会会長をつとめた小説家だということを知って驚いた。あなたも是非この本を読んでみるといい」と手渡されたのが本書だ。

 確かに抜群に面白い。エルヴィン・ヴィッケルト(1915~2008年)は、リヒャルト・ゾルゲと親しくしていた。

わたしは当時帝国ホテルに住んでいた。このホテルはフランク・ロイド・ライトの設計による注目に値する建築物で、氷河期の穴居人の住まいを思わせるような一風変わった作りでありながら、住む者に心地よい安らぎを与えてくれた。

 軽食をとってから、地下のバーへ行ってみると、バーの高い椅子にウィスキーグラスを手にしたリヒャルト・ゾルゲが腰かけていた。彼は大きな声でバーテンやまわりにいた五、六人の客に話しかけていたが、誰も耳を貸す者はいなかった。まわりに迷惑をかけている様子なので、わたしは彼の隣りに腰かけた。

「犯罪者め、畜生!」ゾルゲは叫んだ。「人殺し! スターリンと友好条約を結んでおきながら、背後から不意打ちにするとは! だが今に見ていろ、スターリンに痛い目にあわされる日が必ずくるぞ」と英語でわめきちらした。そして今度はわたしのほうへ振り向きドイツ語で言った。

「だから言ったじゃないか。あいつはただの犯罪者なんだ。どうしてあいつをぶち殺すやつがいないんだ。例えば将校とかさ」

「ゾルゲ君、口は災いのもとだ。ここにいるのはどんな連中かわからないんだぞ。イギリス人、アメリカ人、フランス人、日本人、ドイツ人。マイジンガーの耳にでも入ったらどうするんだ」・・・・・・(略)

このテーマについて深く知るための「連読」3冊
・ジョン・ラーベ(エルヴィン・ヴィッケルト編/平野卿子訳) 『南京の真実』 講談社文庫 2000年
・リヒアルト・ゾルゲ 『ゾルゲ事件 獄中手記』 岩波現代文庫 2003年
・石川準十郎 『ヒトラー「マイン・カンプ」研究(合冊普及版)』 国際日本協会 1943
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら