世界大会開催へ踏み出した大きな一歩 ~第1回全日本車椅子ソフトボール選手権大会~
会場は車椅子が走れるようにとコンクリートの駐車場で行なわれた

 北の大地で、日本スポーツ界における新たな歴史がスタートした――。7月6、7日、北海道江別市の野幌総合運動公園で開催されたのは、第1回全日本車椅子ソフトボール選手権大会だ。今大会、出場したのはノースランドウォーリアーズ(北海道)と東京レジェンドフェローズ。それぞれがA、Bの2チームに分かれ、計4チームでのトーナメント戦が行なわれた。優勝したのは、ウォーリアーズのAチーム。決勝ではフェローズのAチームを8-3で破り、栄えある初代チャンピオンに輝いた。MVPにはウォーリアーズの主将・エースである飛島大輔が選出された。

観客を魅了した好プレー

 会場を訪れると、既に試合前のノックが行なわれていた。初夏らしい青空の下、ボールを追いかける選手たち。試合前の緊張感と、歴史的第一歩を踏み出すという高揚感が入り交じり、独特な空気が流れていた。「やっぱり外でやるのは気持ちいい!」。選手からはそんな声が聞こえてくるほど、野球日和に恵まれた。

 2チームの雰囲気が異なっていたのも、また面白かった。歴史ある第1回大会開催に心を躍らせ、快活な動きを見せる赤のユニフォームのフェローズに対し、淡々と堅実なプレーをこなす青のユニフォームのウォーリアーズは静かに初代チャンピオンへの闘志を燃やしているように見えた。

 チームとしての熟成度はウォーリアーズに分があった。日本における車椅子ソフトボールの発起人とも言える大西昌美北翔大学生涯スポーツ学部准教授が監督を務め、北海高校野球部時代にはその大西監督の指導を受けた飛島がキャプテンでエースを務める。大西監督も選手も、地元開催ということもあり、初代チャンピオンの座は絶対に渡さない、と本気で狙っていたことは想像に難くない。

 一方、なかなかチーム練習ができていないというフェローズだが、かつて米国チームに所属し、全米選手権の出場経験のあるエース堀江航を中心に、レギュラー組の中には現役の車椅子バスケットボールプレーヤーが複数おり、キレのあるチェアワークで、見るものを魅了させた。

 順当にレギュラー組のAチーム同士の対戦となった決勝、フェローズが初回に先制したものの、ウォーリアーズが2回に同点に追いつくと、3回以降は着実に追加点を挙げ、試合巧者ぶりを発揮。投げては飛島がキャッチャーの要求通りのコースに投げ分ける好投を披露した。バックも併殺をとるなど堅実な守備でエースをもりたてた。フェローズは4回に2点を追加したものの、力及ばず。8-3でウォーリアーズが快勝し、見事に初代チャンピオンに輝いた。

 わずか2チームをA、Bの計4チームに分けての大会だったが、そこには将来への希望、そしてスポーツへの情熱があった。そう感じられた要因のひとつには、想像以上のレベルの高さがあげられる。ピッチャーはキャッチャーのサイン通りのコースに投げ分け、守備も配球によるシフトのサインをキャッチャーから送られるという徹底ぶり。一方、バッターは場面によってコースを打ち分け、エンドランをしかけるなど常に次の塁を狙う姿勢が目立った。

「本来はピッチャーではない」堀江だが、豊富な経験をいかし、レベルの高いピッチングを披露した

 フェローズのエースとして登板した堀江は、投手と打者の間にある駆け引きについて、次のように語る。
「バッターの立つ位置によって打ちやすい、打ちにくいがあるので、バッテリーはそれで配球を考えるんです。例えば、バッターが前に立っていたら、『あ、内角を狙っているな』とか、後ろに立ったら『外角を狙っているんだな』とか。逆にバッターとすれば、打ちづらいところに来たら、思い切り振るというよりも、野手と野手の間を狙うようにして逆らわずに打つのが大切になってくるんです」

 こうしたレベルの高さに驚きと関心をもった観客が、ファインプレーのたびに歓声と拍手を寄せていた。そこには障害の有無などまったく関係ない、スポーツとしての「車椅子ソフトボール」があった。