[プロ野球]
西武・金子侑司「経験は次に生かしてこそ」

 6月30日、一軍スタメンに「金子侑司」の名前が久々に登場した。5月18日以来、約1カ月半ぶりのことだ。ルーキーながらオープン戦から結果を出し、見事に開幕スタメンの座をつかんだ金子は、開幕戦でいきなり2安打1打点。5試合目にはプロ初ホームランを放った。慣れない外野守備でのミスを十分にカバーする積極的なバッティングで、一時は打率4割台をマーク。パ・リーグ新人王の有力候補に躍り出た。だが、5月に入ると、徐々に金子のバットから快音が聞こえなくなっていった。そして、5月19日、金子は一軍登録を抹消される。一度は一軍に復帰したものの、試合には出場しないまま、2日後には再びファーム行きを命じられた。開幕から約3カ月で天国と地獄を味わった金子。果たして、その時彼はどんな思いを抱いていたのか――。

 1月の新人合同自主トレーニング、春季キャンプ、オープン戦……開幕前から金子の活躍は新聞やテレビで頻繁に報道され、その名は瞬く間に全国のプロ野球ファンに知れ渡っていった。迎えた3月29日の開幕戦。金子は「7番・ライト」で先発し、4打数2安打と結果を残した。4月に入るとますます金子のバッティングは冴えわたる。4月3日には今季の新人では一番乗りとなるプロ初ホームランを放つなど、5打点をマーク。その後もヒットを量産し続け、一時打率は4割台をマークした。この時期、好調だった理由を金子はこう分析する。

「キャンプの時に、1年目で周りも全然わからない今、何を大事にして野球をやっていこうかって考えたんです。もちろん、練習していることを実戦で出すということも大事ですが、まずは自分のプレーを思い切ってやることが一番大事かなと。それを開幕後もずっと忘れずに試合に臨むことができたので、強い気持ちでプレーすることができました。それがバッティングにもつながったんじゃないかなと思います」