[裏方NAVI]
ニッタク(日本卓球)<前編>「『佳純ベーシック』で世界の8強」

2008年、ニッタクと契約した石川選手。当時から“天才卓球少女”として将来を嘱望されていた

 2012年ロンドン五輪、日本卓球界に新たな歴史が刻まれた。団体女子で日本チームが決勝進出を果たし、銀メダルに輝いたのだ。男女合わせて史上初のメダル獲得が決定した準決勝のシンガポール戦、最後のダブルスでのマッチポイントで相手サーブのリターンエースを決めたのは、チーム最年少の石川佳純だった。石川は個人シングルスでもベスト4に進出するという快挙を成し遂げた。今回はその石川をはじめ、国内のみならず世界の卓球界を陰で支えている企業のひとつ、日本卓球(ニッタク)の用具開発に迫る。

 ニッタクが石川とパートナー契約を結んだのは、08年2月。当時、彼女は1カ月後に中学校卒業を控えた15歳だった。彼女の名は既に世間に知れ渡っていた。07年1月、彼女は史上最年少(13歳11カ月)で全日本卓球選手権大会ベスト4進出を果たすと、同年5月には史上最年少で世界選手権団体メンバーに選出。08年1月の全日本選手権でも前年に続いてベスト4に入る活躍で、“天才卓球少女”として注目されていたのだ。

「将来の夢はオリンピックに出ることです」
 全日本選手権で放映するCM撮影時に、あどけなさの残る笑顔でそう答える石川を、企画開発部の松井潤一課長は「彼女の夢を実現できる用具が開発できたら」という思いで見ていたという。その4年後、石川は見事に夢を叶えた。出場どころか、銀メダル獲得まで達成してしまったのである。松井をはじめ、4年間、石川の用具開発や用具選定に奔走した社員は皆、表彰台の上で銀メダルを下げ、観客に笑顔で応える彼女の姿を感慨深く見つめていたに違いない。