[ボクシング]
近藤隆夫「8.25村田諒太vs.柴田明雄、勇気あるマッチメイクに拍手!」

金メダリストと東洋王者の激突

あのロンドンでの熱狂から1年、金メダリストが注目のプロ初戦を迎える。

 素晴らしいマッチメイクだと思う。いまからワクワクする。お茶の間のファンとディープなボクシング好きの両方に多大な期待を抱かせる好カードと言えるだろう。8月25日、東京・有明コロシアムで行われる村田諒太(ロンドン五輪ボクシング・ミドル級金メダリスト、三迫)プロデビュー戦の話だ。

 対戦相手は、東洋太平洋ミドル級、日本スーパーウェルター級の現2冠王者・柴田明雄(ワタナベ)。

「五輪金メダリスト」vs.「プロ東洋王者」

 いきなりのミドル級「日本最強決定戦」の実現だ。盛りあがらぬはずがない。

 カードが発表されるまで、実は私は、村田のプロデビュー戦には、それほど期待していなかった。これまでの大物選手のデビュー戦のように、勝ちが見込める格下の外国人選手を対戦相手に選ぶのだろうと思っていたからだ。

 大変、失礼した。村田も、彼を売り出そうとしている陣営も本気である。そのことが、このカード発表で十分に伝わってきた。

「(プロ)デビュー前の僕が、いきなり日本で一番強い相手と闘うことは生意気ですし、恐縮していますが、一生懸命、全力を尽くして頑張りたい」(村田)
「強い人とやれるのはうれしい。僕も挑戦者の気持ちで頑張りたい」(柴田)
 ともにコメントは謙虚だが、互いに「この一戦は絶対に負けられない」との思いは非常に強いはずだ。