[アイランドリーグ]
徳島・島田直也監督「後期優勝に重要な吉村、東の働き」

勝てない山口は「感情を出せ」

 前期は20勝17敗3分の2位。5月下旬までは首位を走っていただけに、香川に優勝をさらわれ、とても残念です。約半分の21試合を終えた時点では14勝5敗2分と2位には3.5差をつけていました。「まだ半分、どうなるか分からない」との思いと同時に、「残りを勝率5割でなんとか逃げ切ろう」とヘンな計算をしてしまった僕にもスキがあったと感じています。

 チームがいい状態をキープするのは難しいものですが、悪くなるのはあっという間です。打撃好調でクリーンアップを任せていた大谷真徳がスライディングで肩を痛めて離脱し、そこからチームは6連敗。連敗をやっと止めたと思ったら、つなぎ役の岡崎稔弘がバントの構えをして死球で指を詰めてしまい、選手登録を抹消せざるを得なくなってしまいました。

 負けが込むとどうしてもプレーが消極的になり、ミスも出ます。今までできていたことが急にできなくなるのです。なんとかしようと皆が思っていても、それが裏目に出る悪循環。こういう時にチームとして、個人としてどう対処すべきか、私も選手も高い授業料を払った気がします。

前期を終えて7勝4敗、防御率2.35の山口。

 5月中旬まで5勝1敗と勝ち星を伸ばしていたエースの山口直紘も、チーム状態が下降線をたどるとともに勝てなくなりました。思うようなピッチングができず、マウンド上でイライラしているのは明らか。こうなると余計にリズムが悪くなり、ピッチングを乱す負のスパイラルに陥ります。

「アウトとったら、一度、感情をむき出しにして吠えてみろ」。彼には、そんなアドバイスをしてみました。珍指令のように思われるかもしれませんが、これは僕の体験を踏まえたものです。

 僕も現役時代は、アウトをとったからと言って派手なパフォーマンスをするタイプではありませんでした。ただ、どうやってもうまくいかない時、「オリャー!」と声を出して放ったことがあります。気持ちを言葉にして無理やりにでも出せば、悪い流れを断ち切れるかもしれない。そう思ったからです。

 山口も淡々と投げる右腕ですが、何かを少し変えてみただけで本来の自分を取り戻すきっかけになることがあります。もちろん、声を出すのはひとつの例です。力はあるのですから、悪い時の修正法をいろいろと探ってほしいと思っています。