田原総一朗×竹中平蔵対談【下】「移民の受け入れなどタブーなき議論をすれば人口減少下でも経済成長は達成できる」
[左]竹中平蔵さん(産業競争力会議委員/慶應義塾大学教授)[右]田原総一朗さん(ジャーナリスト)

この対談は6月10日に収録しました。

いつから財政再建に切り替えるのか?

田原: 安倍内閣における財政再建ってどう考えているんですか?

竹中: 基本的には2本目の矢のなかに両方入っているわけです。短期的には財政を拡大することで、つまり、最初の時点でGDPの3%くらいで需要不足があったんですが、それで10兆円の公共事業などの補正予算をやって、3%の三分の二くらいは埋まったんですよ。全体で年間15兆円くらいでしたから、10兆円やればそのくらい埋まっていくんです。

 しかし、日本の国債はGDPに対して200%を超えてしまって、ギリシャでも160%なんだから、これはもうどうしようもないですね、と。これを中期的には財政再建していって、2020年には基礎的財政収支を黒字にします、というのが公約ですよ。