現代ノンフィクション
2013年07月02日(火)

集中連載「橋下徹とメディア」 第4回
詭弁で切り抜け、多弁で乗り切る「橋下式言論術」

upperline
記者の追及と橋下の切り返しの攻防が繰り広げられた5月29日の市長定例会見 (筆者撮影)

取材・文/ 松本創(ジャーナリスト)

【第3回】はこちらをご覧ください。

弱点を突かれるマスメディア

 5月29日、大阪市役所5階の市政記者室。この日の市長定例会見は橋下徹への追及から始まった。

 口火を切ったのは毎日新聞。橋下が朝日新聞とともに自分に対する「批判の急先鋒」と見なし、「従軍慰安婦」発言以降、朝日に対する以上に繰り返し"口撃"してきた---「意図的に誤報した」「狂ったようにキャンペーンを張っている」「過去の言説を引用してネチネチと言っている」といった報道内容への批判から、果ては「バカ」「ボケた質問をしてくる」「頭が悪いからな」のような幼児的な罵詈雑言まで---相手である。

 ちょうど同社が記者クラブの幹事社(2ヵ月ごとに持ち回り)に当たっていたこともあり、最前列の席で、最初にマイクを握った市政キャップは、橋下が冒頭で記者発表した「経済戦略局長に民間人の採用決定」「風疹予防接種への助成実施」という市政の話題を蹴散らすように無視して、こう問うた。

 「市長は昨日の退庁ぶら下がり(囲み取材)で、27日の外国人特派員協会の会見の際、日本人記者席にいたうちの記者が社会人としてあり得ない言葉を発した、とおっしゃった。しかし社内で調査をしたところ、そのような発言をした者はおらず、出席した2人の記者は質問や発言の機会もなかった。事実関係が違うとこちらは考えている。発言を訂正していただきたい」

 私も参加していた前日の囲み取材で、確かに橋下はそういう話を持ち出していた。朝日の記者とやり取りしている中で、ふと言うべきタイミングを見つけたように、唐突に。

 「僕はびっくりしたんですがね、記者の人っていうのは公人に対してなんか変なスイッチが入るんですかね。初対面の、会ったこともない相手に『おまえ、ちゃんと答えてないだろう!』『そんな話は何べんも聞いた!』とか、ふつう社会人が言いますかね。毎日新聞の記者というのは非常に横暴だなと思いました

 毎日は、橋下が「誤報」と称する報道に始まり、「(連日釈明に追われる)橋下は疲れた様子で、大阪都構想の法定協議会で居眠りをしていた」「府市大都市局の職員が、日本維新の会候補者の政治資金パーティーを案内する庁内一斉メールを送っていた」などと批判的な記事をいくつか書いていた。それを腹に据えかねていたのだろう、ツイッターで罵倒するだけに飽き足らず、直接いら立ちをぶつけたのだ。いかにも小馬鹿にしたような、見下すような表情と口ぶりだった。

次ページ  毎日の記者はそれに抗議し、「…
1 2 3 4 5 6 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事