[サッカー]
大野俊三「コンフェデ杯、惨敗を糧にW杯モードへ!」

 今月はブラジルW杯アジア最終予選、コンフェデレーションズカップと日本代表の話題に事欠きませんでした。みなさんがご存知のとおり、日本は4日のオーストラリア戦で5大会連続の本大会出場を決めました。日本サッカーは20年前にJリーグをつくると同時に、育成にも力を入れ始めました。その時に子供だった選手たちが5大会連続出場という歴史を築いたわけです。これは日本サッカーの取り組みの成果といえるでしょう。

 豪州戦では後半37分に、相手のクロスがそのままゴールインしてしまうかたちで失点しましたね。確かにアンラッキーな場面ではありました。ただ、そこから本田圭佑、香川真司を中心に攻める姿勢を保ち続けたのは今までの日本にはなかったものです。ホームのサポーターの前で絶対に負けられないという強い思いが、前面に出ていたように感じましたね。

 11日のイラク戦は試合途中に給水時間が設けられたことでもわかるように、暑さが影響して、選手たちはいいパフォーマンスを発揮できませんでした。まあ、W杯出場を決めてホッとしたところもあったんでしょう(笑)。それでも勝利という最低限の結果を出したことは評価できます。最終予選を白星で締めくくり、続くコンフェデ杯でどんなサッカーができるか。期待していたのですが、結果は3戦全敗……。世界との差がまだまだ大きいことを痛感させられた大会となりました。

王国にはめられた日本

 初戦のブラジル戦では、開始早々にネイマールにスーパーゴールを決められました。あれには正直、度肝を抜かれましたね。振り切らず、確実にミートすることを優先し、コースも狙う。日本人であのようなシュートを打てる選手はそういません。「これが世界のトップレベルか」と選手、スタッフ、そしてサポーターも感じたのではないでしょうか。

 その後はなんとかしのいでいた日本ですが、後半3分と終了間際に失点して0-3の完敗に終わりました。序盤に仕掛け、中盤、終盤で突き放す。ブラジルのゲームプラン通りだったと言えるでしょう。

 早い時間帯で先制された日本はどうしても攻めに転じざるを得なくなりました。それも「攻めさせられた」のです。実際、先制後のブラジルの守備陣はラインを高く保たず、日本にボールを支配させた上で、アタッキングサードなど危険なエリアに入ってきた時には確実にボールを奪っていました。無理にボールを奪いには行かず、スタミナを温存し、相手にミスが出たところを突く。ブラジルのうまさを感じる試合運びでした。

 とはいえ、どんな試合にも必ず波があります。日本にもチャンスがいくつかありました。ここをモノにできていれば、また違った結果になっていたでしょう。ブラジルはチャンスの時間帯で確実にゴールにつなげていましたから、その意味ではサッカー王国の強さも感じた試合になりました。