[裏方NAVI]
伊東裕樹(サービスマン)<後編>「ソチへの期待――佐々木の成長とライバル出現」

 伊東裕樹が佐々木明を担当し始めたのは、佐々木が大学1年の頃だ。それから13年。今でもなお、伊東は佐々木明というスキーヤーに惚れ込んでいる。
「明はね、フリースキーがとても巧いんですよ。競技者なんだから当然だと思うかもしれませんが、フリースキーって意外に難しくて、きれいに滑れる人ってなかなかいないものなんですよ。でも、明はゴムのように柔らかくて、それでいて滑りが大きく見える。パッと見てかっこいいな、と思えるんです」
 日本人離れした優雅でダイナミックな佐々木の滑りに、伊東は日本人初の五輪でのメダルの夢を本気で追い続けてきた。そして今も――。

 伊東が惚れ込んだのは滑りだけではなかった。彼の一見、“ワガママ”ともとられる強気な性格もまた、伊東にとっては「メダリストになる資格がある」と見ていた。
「彼は若い時から『自分は絶対に強くなるんだ』と口に出して言っていましたからね。周りからは『あのちゃらんぽらんな性格では無理だろう』と言われていましたが、僕はそれは違うと思っていました。こちらがきちんと接してあげれば、彼はどんどん吸収していける人間だと思っていました」

 その年、19歳で初めての五輪、ソルトレークシティー大会に出場した佐々木は、大回転では1本目、2本目ともに、当時は実力的に佐々木よりも上だったベテランの木村公宣を1秒以上上回るタイムを叩き出してみせた。結果は34位だったが、果敢に攻める佐々木の滑りに、伊東は彼の将来性の高さを改めて感じたという。その後、佐々木はW杯では日本人最高位の2位に3度も輝いている。ポテンシャルは十分にあることは証明済みだ。
「佐々木になら……」
 日本人初の五輪の表彰台への期待は今も変わってはいない。

 来年にはソチ五輪が開催される。現在、アルペン男子の日本人選手の出場枠は2つ。来年1月の世界ランキングによっては3つに増える可能性もあるが、バンクーバー大会同様にその前に代表が決定すれば、2枠のままということになる。そのうち1つはほぼ湯浅直樹で決定していると考えていいだろう。つまり、残るは最少であと1つしかないということだ。伊東はそこに佐々木が入ると見ている。

 だが、現在佐々木は日本スキー連盟のナショナルチームには入っていない。わずか2枠しかない出場権を得るには、厳しい状況だと見るのが普通であろう。それでも、最後に這い上がってくるのは佐々木だと言うのだ。それは、伊東が佐々木の変化に気づいているからだ。