「AKB48はひと昔前の日本の会社の構図に似ている」「インテリジェンスの世界は極端な正義感のある人間は採用しない」
佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」vol016 目次】
―第1部― インテリジェンスレポート
 ■分析メモ No.36 「外務省幹部の異動と北方領土交渉の展望」
 ■分析メモ No.37 「スノーデン事件」
―第2部― 読書ノート
 ■読書ノート No.44 『本は10冊同時に読め!』
 ■読書ノート No.45 『スパイのためのハンドブック』
 ■読書ノート No.46 『統合の終焉 EUの実像と論理』
―第3部― 質疑応答
―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録
―第5部― 佐藤さんの今後の予定(8月中旬まで)
現代ビジネスからのお知らせ

深読みジャパン

邦丸: 今日はこのニュースです。

伊藤: 「スポーツ報知」芸能面。「AKB48 3年連続でオリコン上半期1、2位を独占」。
AKB48が金字塔を打ちたてました。オリコン2013上半期ランキングが昨日発表され、AKB48がシングルランキングで3年連続して上半期1位、2位を独占しました。オリコンが発表した上半期ランキングでは、『さよならクロール』が期間内に192万6000枚を売り上げて首位、2位に112万7000枚で『So long!』が入りました。3年連続の首位は、1968年にランキングの発表が開始されて以来、史上初。また、3年連続で2作がミリオン入りするという、こちらも史上初の快挙を達成しました。

邦丸: えー、われらが佐藤 優さんが報知新聞、あるいは雑誌『WiLL』などで、このAKB48を熱く語っておられる。

佐藤: そんなに熱く語ってないですよー。

邦丸: へへへへ。

佐藤: ただ、おもしろいんですよ。だって、一極に全部が集中しちゃうっていうんで、政治も文学の世界もAKBも一緒なんですね。小説だったら、村上春樹のものだけが断トツで、その次はほとんどいない。政治だと、自民党が非常に強くなって一極的な感じになってくる。

 これね、ここ十数年で新自由主義的な競争が本当に定着しつつあるかなと思うんですね。要するに、ワーッと競争させて、1位が賞を総獲りしちゃう。これがいちばんわかりやすく表れているのが、AKBだなと思っているんですよ。だから関心を持っているんです。

(略)

佐藤: AKBに誰が入っているかということについても、ほとんど知らないおじさんたちっていうのが圧倒的多数だけど、逆に、知っているとなると、全員の名前を知っている。
邦丸: はいはい。

佐藤: こういう感じになる。あるいは、のめり込んでCDを100枚ぐらい買う人が結構いますよね。

邦丸: います、います。

佐藤: こういうように極端ですよね。AKBは国民的アイドルじゃないですよ。美空ひばりとか、山口百恵とか、松任谷由実とは違うんですよ。

邦丸: ふむふむ。

佐藤: ここのところにおもしろさがあると思うんですね。以前だったら、ミリオンセラーなら誰もが歌詞を知っていましたよ。

伊藤: そう。今は歌えないですものね、AKBの歌。

佐藤: 確かに聴いたことはあるけどって、そういう感じですよね。そこがおもしろいと思うんですよ。

邦丸: AKB48を宗教論としてとらえると、これまたおもしろい。

佐藤: これ、本当に宗教なんですよ。要するに、カトリック教会でもプロテスタント教会でも、キリスト教の中ではそれぞれの教会は対抗しているじゃないですか。私なんかプロテスタントでしょ。だから、「ローマ教皇が新しい人になってよかったですね」と言われても、「それが何なの?」。プロテスタントからすると、ぜんぜん関係ないんですよ。中ではいろいろ張り合っている。ところが、キリスト教の外との関係においては、キリスト教として団結する。そういうものとすごく似ているんですね。

 AKBでも大島優子さんを好きな人と指原莉乃さんを好きな人は、お互いにアンチだったりして仲が悪い。ところが、AKBを守るということになると、カチッと一緒に守る。これ、何の構造に似ているかというと、ひと昔前の“会社”。

邦丸: 会社?

佐藤: そう。会社の中ではいろんな競争がある。いろんな悪口も言い合うけれど、外から文化放送の悪口を言われると、みんな「なんだ?」と。「うちはそんな悪い会社じゃないぞ」となる。こういう感じと似ていると思うんですね。

ところが最近、会社の中でいろいろバラバラになってきちゃっているから、あまり帰属意識が強くなくなっている。それから、同じ会社に一生勤めるという感じでもなくなっている。でも、あの「会社」みたいな感じって日本人は好きなんですよね。それがAKBに向かわせる。僕はそんなふうに見ているんですよ。

邦丸: あと、他を利する“利他性”というものが、このAKBにはあるんだということを『WiLL』あるいは報知新聞に書かれています。

佐藤: 会社でもすごく部下がついていくとか、上から見て信頼されるとかいう人ってどういう人かというと、毎回、「これをやったらこれをやってあげる」という約束をして進めていくというタイプよりも、「滅私奉公でやります、会社のために一生懸命やります、あなたのために一生懸命やります」、あるいは「部下のためにオレが全部責任をとる」、自分にとって不利になるときでもやってくれるという人に、人は自然とついていくんですよね。

 これは、どの宗教もそうなんですよ。教祖様というのは、信者のために身を投げ出すという姿勢を示すから、人がついてくる。逆に、「あれをしたらこれをやってやる」というご利益でやっていると、人は離れていっちゃうんですよね。

 AKBはそういうところが強くて、あのセンターになる人たちというのは、いつも利他性をなんらかの形でアピールする。たとえば、前田敦子さんは「私のことは嫌いでも、AKBを嫌いにならないでくださいっ」と言う。

邦丸: はいはい。

佐藤: 指原さんにしても、「私がセンターになったらAKB48は壊れるとか言われてますけど、絶対にAKB48を壊しません」と言う。これはどういうことかというと、「滅私奉公で頑張りますよ」ということなんですよね。そういうものが埋め込まれているわけですよ。

 だから、日本的なそういう感覚が、会社の中にはなくなっちゃった。あるいは宗教においても希薄になっちゃった。政治においてもなくなっちゃった。それで今、ビューっとAKBに集まっている感じなんですよ。

邦丸: ほおー。

佐藤: 指原さんって、元カレとのトラブルがあって、離れちゃったでしょ。

邦丸: AKBからHKT・・・・・・ですか、博多のほうにね。

佐藤: それが戻ってきたでしょ。安倍晋三さんの物語と同じですよね。

邦丸: はいはい。リベンジですね。

佐藤: 安倍晋三さんも一回、頂点まで行った。それで指原さんと同じように、何らかの問題があって外されちゃった。だけどまた、戻ってきた。相似形なんですよね。だから、日本の政治とか、今日本人が何を考えているかとかいうことが可視化されているのがAKBだと、僕はそう見ているんですよ。

邦丸: 佐藤さんの考えを聞いてみると、なるほどと思う。

佐藤: それで、AKBのポイントというのが、これはキリスト教ともちょっと関係するんですけど、イエス・キリストというのは神様なんだけど人間なんですよね。AKBはスターじゃないんですよ。スターというのはどういう人かというと、「星」ですから、仰ぎ見るだけで手が届かないんですね。AKBはAKB劇場に行けば会える。ちゃんとCDを買えば握手もできる。いろんなチャンスがあって、近いんですよ。一緒になることによって「ああ、救われた」と思うんですよね。

ところが、センターになると、どんどんスターになっていっちゃうんですよね。遠くなり過ぎちゃうんです。そうすると、満たされないんですよ。それで、センターの入れ替えをしないといけない。

邦丸: ははーん。

佐藤: 新しいセンターは、またどんどんスターになっちゃうんです。そうすると救われないんですよ。前のような満たされた感じがなくなっちゃうんです。それでまた、センターが替わっていく。だから、人は替わっていくんだけれど、システムとしてはずーっと続く。

やっぱり、秋元康さんという人は天才的な──天才というのは意識しないんですよ。意識してつくると、だいたいうまくいかないですからね──すごいシステムをつくっちゃったなと思うんですよ。このやり方をどこかの政党が取り入れることに成功すれば、半永久的に与党として権力をとり続けることができる。・・・・・・

邦丸: では、次の話題にいきます。『経済界』に寄せている佐藤さんのメッセージです。これは日本でもずいぶん報じられました。

アメリカのNSA(国家安全保障局)の契約職員だった人が、告発をした。この人はアメリカから香港に移ったときに、要するに、アメリカのNSAなどでは、一般民間人の通信上のやり取りを全部盗聴したりして、傍受していたということを告発したということで、先日のG8(主要8カ国首脳会議)でも主要議題になるんじゃないかと言われていたんだけど、佐藤さんは「いや、ならないだろう」と。結局、ならなかったんですね。

佐藤: 表で話すような話ではないですからね。裏で話す話ですから。

邦丸: 今回告発したのは、NSA(国家安全保障局)の契約職員だったスノーデンさんという男性でした。

佐藤: これは契約の職員だからメインストリーム(主流)ではないと思うのは、素人発想なんです。実はメインは全部、契約にやらせるんです。

伊藤: そうなんですか。

佐藤: なぜだと思いますか。

伊藤: ヤバくなったら切れるから?

佐藤: そのとおり。このNSAというところは、違法活動を必ずするわけなんです。今、日本でも対外諜報機関をつくろうという話をしているでしょ。それを内閣官房の中に置くという議論をしているんですよ。もう、それだけで素人の発想なんです。対外諜報機関をつくったら、必ず違法活動をするんです。そうじゃないとこのギョーカイは成り立たないんです。そうすると、内閣官房の中なんかに置いたら、すぐ官房長官や総理大臣に責任が及んでしまうんです。

(略)

佐藤: 今回の人(スノーデン)に関しては、香港に行ったから後ろで中国が糸を引いているんじゃないかと、一部の人が言っていますが、これはないです。

邦丸: ないですか。

佐藤: もし中国が糸を引いているんだったら、こんな重要な秘密にアクセスできる人間を表に出したりしません。表に出した瞬間に、もう使えなくなりますからね。そんなことしないです。だからこれは、この人の正義感から起きている。だから、面倒臭いんです。

邦丸: 自分のやっていることは、他人の情報をこんなに勝手に収集して国に上げている。でも国はそんなことをやっていないという。なにかジレンマのようなものがありますよね。

佐藤: そう。そういうことを考えて、インテリジェンスの世界では、極端に正義感の強い人というのは採らないんです。

邦丸: はあー、そうなんですか。

伊藤: どういう人を採るんですか。

佐藤: 愛国心はそこそこあるにしても、「ま、汚ねえ仕事だけど、まあいいか。お国のためだ、ガマンしよう」と考え、そして何かに巻き込まれて失脚したとしても、「ま、世の中いろんなことがあるからな」と、あきらめが早いタイプですね。それから、極端に出世したいとか、あるいは他人から賞賛されたいとかいうタイプの人ではなくて、限られたコミュニティ──首相であるとか、外務大臣であるとか、情報局の長官などから、「ああ、あいつはすごい」と言われたいというタイプ。

 あるいは、諸外国の情報機関の専門家から認められたい。専門家同士ではわかるわけですよ、「ああ、ヤツが今回はやっているな。これはなかなかすごいぞ」と。職人のような世界で認められるようなことが好きだというタイプの人ですよね。

邦丸: 佐藤さん!

佐藤: はいっ。

邦丸: 少年のような質問をしますけど、日本に、この東京にいる各国の諜報員で有名人っているんですか。

佐藤: その世界で有名な人は結構いる。これは今、ほとんど外交官カバーをつけているんです。

邦丸: 外交官カバー?

佐藤: 大使館は、特命全権大使、特命全権公使、公使、参事官、1等書記官、2等書記官、3等書記官、外交官補、こういう順番なんですね。だいたい参事官か1等書記官か2等書記官ぐらいのランクで、外交官のふりをして諜報機関員が勤務していますね。

本当は大使ぐらい偉いんですよ。ところが、大使ぐらい偉くしておくと、これまた何かトラブルがあったときに外交問題になるでしょ。参事官までだったら、追放になったとしても外交の常識ではそんなに深刻な問題にならないんですよ。書記官ではちょっとレベルが低過ぎて、偉い人と会うのは不自然だから。

それで、諜報機関員かどうかっていう見分け方があるんですよ。ご飯に誘われたときに、ランチで1万円以上のメシとワインを食わせてくれたら、それは諜報機関のヤツ。

伊藤: ええっ、お昼に1万円以上のご飯とワイン!

佐藤: だいたい普通の外交官たちは、お昼は50ドルぐらいまでしか出ないんです。

邦丸: 5000円ぐらいですね。

佐藤: その倍以上、出せるかどうかというのをチェックしてみるといいわけです。わざと高いメニューを頼むとか。向こうからメニューを指定してこないで、「どうぞ、アラカルトでも」って言ってくると、それはだいたいそういう世界の人。・・・・・・ 

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら