ライフ ドイツ
娘たちの甘い理想主義に反論しつつ、「世界平和」について考えてみた

難民映画を観て、「国境がなくなればいい」と言う娘

 次女がドキュメンタリー映画のリンクを送ってきた。彼女は弱い者の味方で、社会の不正に立ち向かっていく学生運動家タイプ。常に国家権力に抵抗している。私から見れば、若気の至りの感、大いにアリだ。

 映画は、不法にEUに入国し、政治亡命を申請する外国人の様子をルポしたものだった。あまり多くの人が詰めかけるので、管轄の役所は受付制限をする。だから、役所の玄関で亡命希望者が必死の形相で順番を争うのが、毎朝の風景。下手をすると、殴り合いまで始まる。

 おそらく皆、飢饉やら干ばつやら内戦で、食べていけなくなった人たちだ。最後の望みをかけて、不法入国をサポートするヤミ業者に有り金をはたき、アフリカ大陸から沈みそうなボートで炎天下の地中海を渡り、命がけでEUにたどり着いたに違いない。しかし、政治的に迫害されたわけではないから、本国に強制送還となる可能性が高い。そうなったらどうして生きていくのかと思うと、胸が詰まる。

 映画を見終わって電話をしたら、娘は言った。

 「ひどいでしょ。なぜ、全員受け入れてあげないのかしら?」

 「でも、そんなことをしたら、どんどん来るわよ。キリがない」

 (すべての経済難民をドイツの納税者が引き受けるのは無理だということぐらい、あなたにも理解できるでしょう)と私は心の中でつぶやく。難民には気の毒だけど、ハンブルクの役所のしていることは間違ってはいない。

 ところが、娘は言った。

 「なぜ、皆、来てはいけないの? 自分の国では貧しくて暮らしていけないのよ」

 私は、言葉に詰まった。私の常識は、彼女の常識とは違うらしい。そこに追い打ちをかけるように、彼女は言った。

  「ママ、国境がなくなれば、いいと思わない? そうしたら、不法入国者なんて、いなくなるでしょう」